« Freedom in pain . | トップページ | 温泉で便秘解消、リラックスの効果。 »

2010年10月 4日 (月)

指圧も肌に直に触れるほうがよくわかる。

 最新の日本指圧協会発行の『指の光』には、浪越徳治郎先生が某大物歌舞伎役者さんに指圧をした時のエピソードが掲載されています。

 肝臓が悪いことを感じた徳治郎先生が「肌に直に触れたい」と言ったところ、それを拒まれたため「それなら按摩さんを呼びなさい!」と一喝したとか…。

 その後その歌舞伎役者さんとは指圧を通して親交を深めたようです。

 肌に直に触れられることを拒む人はいるもので、昔は高貴な身分の方への診察で直に肌に触れることはできなかった時代もあります。

 この歌舞伎役者さんの場合は個人的な理由があったのかもしれません。

 指圧は『診断即治療』ですから、母指の指紋部の感覚を心まで持って行くのでは遅い、指先に心を持つというような意味で、『感』の心を取って“カンジル”と表すことがあります。

 肌に直に触れるということは、それだけ微妙な情報を知りたいということです。

 指圧にアロマオイルマッサージとの共通点を見出すのは、先輩方の繊細なタッチ、特に微妙な刺激のギアレンジの広さにあります。

 衣服の上からでもできることが指圧の利便性ですが、できるだけ素肌に近い服装で、そして肌に直に触れることも極上のタッチセラピーとして成立させようと思うなら、とても大切です。

|

« Freedom in pain . | トップページ | 温泉で便秘解消、リラックスの効果。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指圧も肌に直に触れるほうがよくわかる。:

« Freedom in pain . | トップページ | 温泉で便秘解消、リラックスの効果。 »