« 叩打法は引き技、垂直跳びやコサックダンスをイメージしてみる。 | トップページ | 心疾患の旦那様の鼻血が止まらない。 »

2010年12月28日 (火)

寒い日のゴルフで右腰痛→左半身の使い方に注目。

 40代男性、入って来るなり左外側に足の運びがふらつく感じが気になります。

 主訴は右腰痛、腰椎の前弯が緊張で減弱し、後弯に近い直線になっています。

 座位で、肩甲下部の脊柱棘突起を上部から、示指~薬指の指紋部の上半分くらいを使って触れていくと、やや硬直した感じがありますが、痛みはないので椎間板ヘルニアは除外していいと思いました。

 右腰部と左殿部中殿筋が、対角線の緊張を持っています。

 肩関節の可動域は正常範囲です。

 寒い日のゴルフの後に、右骨盤付近の腰痛を感じるようになったということです。

 伏臥位では左肩根点のこり、左上腕二頭筋と三頭筋の起始から停止までのこり、右上腕二頭筋と三頭筋の肘付近のこり、背筋にあるゴルフのスイングでは真の腕の付け根となる肩甲骨やや下部のこり、左中殿筋の盛り上がるほどの緊張、左大腿後側のこり、を触知しました。

 右腰部を軽く指圧しても痛みはないので、右腰痛は深部の腸腰筋の問題です。

 下地は普段のデスクワークや車の運転の座位姿勢の右重心にあると思います。

 寒さで体が温まらないまま柔軟性のない強い腕力のスイングをして、右腰は限界を超えたようです。

 今回の特徴は左半身の使い方です。

 柔軟性のない左側に大きな力を使ってしまったようです。

 頭を下げボールを見る(肩根点のこり)、膝を強く曲げる(左大腿後側のこり)、左外側に体重移動する(左中殿筋のこり)左肘を曲げ伸ばす(左上腕二頭筋と三頭筋のこり)など、寒さで壁となる左半身により力が入っていたようです。

 様々なストレッチができ、車の乗り降りにも影響がなく、仰臥位から起き上がる時の痛みくらいなので、おそらく右腸腰筋上に小さな傷があるということなのでしょう。

 3日たてばかなりよくなりそうですが、普段の着座の重心を換えるために薄い座布団一枚でも足と腰の距離が変って重心が違ってくるので、やってみてくださいとアドバイスさせていただきました。

 車の長距離運転の後の寒い日のゴルフは、体、特に腰を十分にストレッチして始めないと、年末年始をヒーヒー言いながら過ごすようになります。

 お気をつけください。

 

|

« 叩打法は引き技、垂直跳びやコサックダンスをイメージしてみる。 | トップページ | 心疾患の旦那様の鼻血が止まらない。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い日のゴルフで右腰痛→左半身の使い方に注目。:

« 叩打法は引き技、垂直跳びやコサックダンスをイメージしてみる。 | トップページ | 心疾患の旦那様の鼻血が止まらない。 »