« 年末の忙しさに備える指圧。 | トップページ | 具体的なワンタッチの技術を伝えることと心を伝えること。 »

2010年12月15日 (水)

逢いたいと思われる何かを備えること。

 七五三の前にその娘さんを連れて指圧に来た腰痛の女性は、無事に七五三を済ますことができたそうで、その後妊娠していることがわかりました。

 妊娠2ヶ月、つわりがひどいということでの今回は、またも周りを娘さんが飛び跳ねながらの指圧です。

 たぶん世の中でこういう指圧をする人はあまりいないので、参考にはならないかもしれませんが、私は娘さんと遊びながら指圧をします。

 3才の元気な女の子は、“水の音”のCDを覚えていて、小鳥の鳴き声のCDから換えてほしいと言います。

 『究極の眠れるCD』に合わせてジャボジャボ泳ぐまねをする女の子。

 お母さんは仰臥位から指圧です。

 洗面台の中には水が張ってあって、庭のミントをちぎって入れておくと、根っこが生えてきていました。

 女の子がそれを見つけたので、「いい匂いがするから葉っぱをちぎってごらん」と言うと、ミントを摘んでお母さんにプレゼントします。

 でもトレーナーの袖がびしょびしょ、それで上着を着替えたいと言い出す始末。

 「袖をまくっておけばいいでしょう!」とイラつくお母さん。

 その間にも指圧はすすみ、「ふくらはぎが気持ちいい」とか「それはむくんでいるからで、指圧をするとむくみが流れるから気持ちがいいわけで、妊娠はむくむことによっておなかの赤ちゃんを守り、育てるということでもあるので」とか。

 「先生せっけんで手を洗ってもいい?」とか、CDの「これ(ボリュームつまみ)をいじっていい?」とか。

 横臥位で背中の指圧をしている時も、女の子はカーテンの開け閉めをしてくれたり、カーテンを閉めて向こう側で歌ったり。

 その間にも「腰が気持ちがいい」とか、「ご飯の炊き上がりの匂いや隣の洗濯物のダウニーの臭いが気になる」とか。

 「チャイのスパイスに吐き気止めの作用があるから試してみては?」とか、「すしのガリ(酢ショウガ)は?完熟りんご酢の甘いやつ+炭酸水は?マンゴー酢は?」など…。

 そのうち次のお客様が来てしまったので、急いでティッシュにペパーミントの精油をたらして持たせ、ジャガリコのかすやミントの葉から落ちた水滴を拭き、「また来てね」と送り出し、次の人には痴呆の旦那様が着いて来て…。

 手のかかる人をどこかに預けないと指圧に来れない人は、その手のかかる人を連れて来れると安心ですよね。

 ベストの指圧ではないかもしれない、でもその状況でベターな指圧ができれば二人を緩めることができます。

 そういう需要に応えているのかなぁと思ったりします。

|

« 年末の忙しさに備える指圧。 | トップページ | 具体的なワンタッチの技術を伝えることと心を伝えること。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逢いたいと思われる何かを備えること。:

« 年末の忙しさに備える指圧。 | トップページ | 具体的なワンタッチの技術を伝えることと心を伝えること。 »