« 下肢が細くなった→左母指球の痛み、夜中にトイレに起きることと結びつけて考える。 | トップページ | 腹部の手術後、大腿四頭筋起始部の筋肉が発達した理由。 »

2011年2月13日 (日)

緊張の積み重なった肩こりは冷凍した薄切り肉のミルフィーユだと考える。

 冷凍した薄切り肉が重なっているのを、強い力で剥がそうとすると半分に折れてしまうことがあります。

 肉に折れるという表現はおかしなものですが、凍った薄切り肉は線維に沿って裂けるのではなく、折れます。

 肩上部の頑固な肩こりも凍った薄切り肉が積み重なったようなもの、強い刺激には弱いのです。

 筋肉の細胞が増えたのではなく、硬く収縮した組織の中に老廃物が積み重なっているわけですから、少しずつ老廃物を流していくことが頑固な肩こりを緩和するのに最善の方法です。

 老廃物をたくさん流そうと時間的、量的にタッチの刺激を増やしても、静脈やリンパの処理能力には限界があります。

 肩こりを主訴として全身施術をした後に、まだ患部の症状が緩和できないということはあります。

 しかしそんな時に、ゴリゴリと患部をいじり続けるのはやめてください。

 表面の何層かは、『凍った薄切り肉』が剥がれているはずです。

 わずかでも筋肉の緊張が緩和されれば血管やリンパへの圧迫が減り、老廃物の排出は続いているので、時間とともに筋肉は緩んでいきます。

 後は入浴で温めるでも、ストレッチでも、肩こりの不快な感覚を遠ざけることができます。

 緊張の積み重なった肩の筋肉は脆い、だから老廃物を排出するための誘い水をまくことができれば、あとは全身の血行に任せれば良いのです。

 虚証、痩せ型の方の肩のこりに、ゴリゴリと刺激を続ければ、筋肉に炎症を作って怪我をさせるようなもの、訴えられても仕方ありません。

 

|

« 下肢が細くなった→左母指球の痛み、夜中にトイレに起きることと結びつけて考える。 | トップページ | 腹部の手術後、大腿四頭筋起始部の筋肉が発達した理由。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊張の積み重なった肩こりは冷凍した薄切り肉のミルフィーユだと考える。:

« 下肢が細くなった→左母指球の痛み、夜中にトイレに起きることと結びつけて考える。 | トップページ | 腹部の手術後、大腿四頭筋起始部の筋肉が発達した理由。 »