« 肌年齢の基準を疑ってみること、ゴッドハンドの基準を疑ってみること。 | トップページ | 風呂で温めてぎっくり腰に。 »

2011年3月 9日 (水)

マスオさんの「エーッ!」は防御反応(Protective reaction)。

 漫才コンビ、キャン×キャンのネタに“マスオさんの「エーッ!」”があります。

 立位の時に後ろから前方に押されると、足関節屈曲+足趾屈曲+上肢後方伸展でバランスをとる平衡反応が起こり、これがマスオさんの「エーッ!」の姿勢と同じです。

 この平衡運動反射を、防御反応(Protective reaction)と呼びます。

 平衡運動反射には求心性の感覚神経、遠心性の運動神経、視覚、前庭感覚などが関わり、平衡機能は小脳によって統合されます。

 小脳梗塞などで小脳の機能が万全に働かないと、バランス感覚が悪くなって、倒れやすいというような日常生活の不具合も起きてきます。

 マスオさんの「エーッ!」は緊急反応ですから(日常生活では要領良く省エネな体の使い方をするものなので)、普段はあまり使わない側の筋肉を使っています。

 肘伸展により上腕三頭筋、上肢後方伸展により肩甲骨が内転するので、大・小菱形筋や広背筋、背中を起すので脊柱起立筋、爪先立つのでふくらはぎのヒラメ筋や腓腹筋などを使っています。

 猫背+座位姿勢で肩がこり、足がむくむ人は、「マスオさんのエーッ!」をすると、肩こりやふくらはぎのむくみを解消するエクササイズになります。

 使い過ぎで緊張した筋肉の拮抗筋のエクササイズは、緊張した筋肉のストレッチになります。

 後ろから押してもらうと、抵抗運動になるのでエクササイズの強度はさらにアップします。

 ちょっとした動きの中にも、セラピーのヒントはあります。

 ぼんやりしていないで、面白がりながら体の動きを見つめていけば、セラピーそのものの面白さがわかってくると思います。

|

« 肌年齢の基準を疑ってみること、ゴッドハンドの基準を疑ってみること。 | トップページ | 風呂で温めてぎっくり腰に。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マスオさんの「エーッ!」は防御反応(Protective reaction)。:

« 肌年齢の基準を疑ってみること、ゴッドハンドの基準を疑ってみること。 | トップページ | 風呂で温めてぎっくり腰に。 »