« ウエディング・デコルテ。 | トップページ | 肩関節の単独方向の運動が意外とできない。 »

2011年4月28日 (木)

0.025ミリのタッチ感覚。

 タッチの適量刺激には単純な強弱だけではなく、刺激のゆらぎや持続、テンポ、そしてそれらでは表現できないニュアンスも含まれています。

 私はギターを弾きますが、ギターの弦は0.025ミリ(0.01インチ)の単位で種類が分かれています。

 そこそこギターを続けていれば、この0.025ミリの違いは、ピックや指先のタッチの違いでわかるようになります。

 アコースティックギター弦の、スチール弦とブロンズ弦の違いもわかります。

 ギターでなくても、釣りの釣り糸の引きの感触とか、布の肌触りとか、微妙なタッチの違いは、いろいろな趣味や生活の中で感覚を磨いていくことができます。

 タッチを施術のマニュアルで理解したつもりでいると、驚くほど低いレベルにいることがいつかわかります、わかってほしいと思います。

 手技療法の場面ではなく、違うジャンルに没頭し、ある程度技術が向上していく中で気づくタッチのニュアンスが必ずあります。

 陶芸でもいい、蕎麦打ちでもいい、微妙な加減を別のジャンルで知ることは、タッチの中でタッチの本質を知ろうとするよりも自分の心にストンと落ちる瞬間があると思います。

 余裕のある面白い人でいてください。そういう人からセラピーが生まれます。

|

« ウエディング・デコルテ。 | トップページ | 肩関節の単独方向の運動が意外とできない。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 0.025ミリのタッチ感覚。:

« ウエディング・デコルテ。 | トップページ | 肩関節の単独方向の運動が意外とできない。 »