« 東電社長の目とムバラク元大統領の目が似ていたこと。 | トップページ | 僧侶の法力と病気。 »

2011年4月15日 (金)

おなかを引っ込めて体幹を左右に揺らしながら腰椎を上に引き上げる。

 オトナゲない人間なので、今朝はヨタヨタとジョギングしているオジサンをパワーウォーキングで遥か後方に引き離してきました。

 スロージョギングも運動になりますが、歩きに負けるようだと前に進む力が弱過ぎて効果はどんなものかと気になりました。

 このオジサンがおなかをポッコリ出したままジョギングをしていて、引っ込める意識をしていないようなのも気になりました。

 ウォーキングでも、日常生活でも、おなかを引っ込めて、体幹を左右に小さく側屈させながら上に伸び上がると、腰椎が牽引されます。

 頭が上に引っ張られる感じが良姿勢だと言いますが、腰椎ではおなかを引っ込めて体幹を細かく揺さぶりながら上に引っ張る意識を持つとよいでしょう。

 内臓が上がり、脇腹が引き締まるので、時々この姿勢を意識する、歩きながらこの姿勢を意識する、寝る前にこの姿勢を意識する、すると腰痛や便秘の予防にもなります。

 大地震後の運動不足を体重計で思い知らされている方も多いことでしょう。

 ウインドブレーカーを着て歩けば朝でも汗ばむようになりました。

 ストレッチ効果を考えてみても、進まないジョギングよりはテンポの速いウォーキングがお薦めです。

 おなかを引っ込めて、腰椎を上に牽引するイメージで。

|

« 東電社長の目とムバラク元大統領の目が似ていたこと。 | トップページ | 僧侶の法力と病気。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おなかを引っ込めて体幹を左右に揺らしながら腰椎を上に引き上げる。:

« 東電社長の目とムバラク元大統領の目が似ていたこと。 | トップページ | 僧侶の法力と病気。 »