« 指圧後「まだこっている」と気になるお客様への対応。 | トップページ | セラピストは求める人の特効薬になれるのだろう。 »

2011年4月20日 (水)

スパイクラベンダーのアルツハイマーへの効果か?

 昨日は指圧にアルツハイマーの旦那様が付いてきた方がいました。

 旦那様の症状は進行しているようで、徘徊もあるようですが、それ以外は奥様から離れたがらなくなっています。

 その前に指圧をした男性が嗄声(させい=しわがれ声)で(喉の検査をしたところ異常はなかったとのこと)、電話の声を聴いてスパイクラベンダーを芳香浴に使っていました。

 スパイクラベンダーはカンファーが主成分で呼吸器系の症状を緩和します。

 その嗄声の男性は統一地方選挙で声を出し過ぎたようで、全身の疲れに指圧すると、だいぶ蘇ったようでした。

 その後やってきた疲れた奥様と、アルツハイマーの旦那様。

 旦那様は病気になる以前から知っていますが、目が必要以上にギラギラしている感じがします。

 奥様の疲れの原因は旦那様ですから、指圧についてこられてイライラした感じがありました。

 始めは旦那様も落ち着きがなく、「何時になったら帰るんだ」と何度も同じ事を奥様に聞きにきます。

 待合室の椅子で落ち着いている感じもなく、外へ出たり、トイレに行ったり、指圧を見にきたりしていました。

 『この背部の緊張があれば、眠れなかったり、胃腸の具合が悪いだろう』と思いながら指圧を進めていくと、旦那様が椅子でおとなしくなり、それとともに奥様の体の緊張も緩んできました。

 内臓は下垂していましたが、腹部の指圧で上げていくと、大きな音を鳴らして、胃腸が動きを活発になっていきました。

 指圧終盤に時々指圧を見に来て“帰ろうコール”のプレッシャーをかける旦那様がいなければもう少し時間をかけられましたが、全身指圧を一時間で終え、何とか効果があったと言えるレベルに緩めることができました。

 座位指圧で仕上げながら、旦那様にもうすぐ娘さんの迎えの車が来ることなどを話すと、普通の会話が成立していました。

 目つきも最初に見た目とは変わっています。

 スパイクラベンダーの抗不安作用や呼吸器へのリフレッシュ効果が、脳の活性化にも効果をもたらしたのかもしれません。

 この時にかけていた音楽がCDの『メンタル・デトックス』でした。

 子供連れの方の指圧もそうですが、アルツハイマーで離れたがらない人も、パートナーが指圧で癒される時間に、御自分も癒されるということがあるようです。

 芳香浴によるアロマテラピーと音楽による転地療養感、そして“セラピストに会う”ということ、これらの刺激に治療効果があるのではないかと思います。

|

« 指圧後「まだこっている」と気になるお客様への対応。 | トップページ | セラピストは求める人の特効薬になれるのだろう。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパイクラベンダーのアルツハイマーへの効果か?:

« 指圧後「まだこっている」と気になるお客様への対応。 | トップページ | セラピストは求める人の特効薬になれるのだろう。 »