« 寒い日に寒さが気にならないのは調子が良い。 | トップページ | リーボック・イージートーンの効果、内転筋群と大殿筋、腰部背柱起立筋のこり。 »

2011年9月28日 (水)

右利きのゴルファーの左半身の使い方(古閑美保さん、左手首の故障で引退)。

  今朝のテレビや新聞では、女子プロゴルファーの古閑美保さんが左手首の故障が治らず引退というニュースを伝えていました。

 昨日の指圧の最後の御客様は、ゴルフで左腰を傷めたと思われる男性でした。

 左足を前に着地して構え、右から左へ振り子運動のスイングをすると、左腰が強くねじれ、左肩が右肩より上がって、最終的に左手首は後頚部に巻き込まれるように背屈+橈屈します。

 指圧の御客様は毎日のデスクワークの座位+猫背姿勢と、歩きの不足、そしてゴルフのスイングで、左腰の前屈痛+左回旋痛、左肩上部僧帽筋と肩甲挙筋のこりが診られました。

 古閑さんのスイングは上肢から手首がしなるように頚に巻きついてフィニッシュしています。

 古閑さんは2年前の試合中に手首を傷めたということですが、手首の尺屈から橈屈への運動の連続により、それまでの長年の疲労が積み重なっていたことが怪我の大きな要因だったのでしょう。

 プロのレベルの繊細なボールコントロールに、手首の怪我は大きく影響します。

 まだ29才の若さですが、ツアーや怪我のストレスは女性ホルモンの分泌にも影響を与え、妊娠中や更年期のような腱鞘炎が発症しやすい状態も続いていたのだろうと推測します。

 力の抜けた振り子運動なら、ゴルフのスイングは肩こり解消や腰の筋肉のストレッチにもなるのですが、スイングの進行方向に向かって力が入り過ぎると、左半身を傷めます。

 右から左へスイングするゴルファーは、ゴルフの後に左から右への軽い振り子運動で逆のスイングをしておくと、疲労回復のストレッチになります。

 指圧後、左腰痛の男性には、いくつかの腰、肩のストレッチと腸腰筋をストレッチを意識した後ろの蹴り足を大きく取ったウォーキングを覚えていただきました。

 古閑さんが十分な休養をとって、リラックスできる環境で左手首の治療に専念することができれば、プロへの復帰ということもあるかもしれません。

 プロのプレーができないなら引退するという選択は、清々しい引き際です。

 傷が癒えて復活の日が訪れ、新たな境地で活躍されるのではないかと期待しています。

|

« 寒い日に寒さが気にならないのは調子が良い。 | トップページ | リーボック・イージートーンの効果、内転筋群と大殿筋、腰部背柱起立筋のこり。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右利きのゴルファーの左半身の使い方(古閑美保さん、左手首の故障で引退)。:

« 寒い日に寒さが気にならないのは調子が良い。 | トップページ | リーボック・イージートーンの効果、内転筋群と大殿筋、腰部背柱起立筋のこり。 »