« 網膜剥離手術後は力仕事をしない(血圧を上げない)。 | トップページ | 鎮痛と保温。 »

2011年9月25日 (日)

上腕三頭筋外側頭がこってしまうような指圧法ではいけない。

 指圧のフォームについて考えてみましょう。

 われわれが最初に学ぶ指圧の基本の一つが『正座をして片側の上肢を伸ばし、床に指紋部を着地して、そこへ軽く体幹を傾ける指圧』です。

 もちろん手指の構えは、中手指節関節屈曲、指節関節伸展で、指紋部の着地は自分の体の側面からあまり離れない自然な位置にします。

 このことからも、『自分の体から斜め前に離れすぎた位置に指紋部を着地するのは正しい指圧ではない』と言い換えてもいいでしょう。

 指圧は自分の体から近い位置に指紋部を着地し、わずかな体重移動で行うものです。

 ですから、ひどいものになるとベッドの上にあがって御客様の上にまたがって自分の体から遠くの位置に指を置いて猫背で押していますが、このようなものが指圧であるはずがないのです。

 指圧をして上腕三頭筋外側頭がこってくるようなフォームなら、これもよろしくありません。

 上腕三頭筋外側頭は、指圧で上腕が伸びた時に上腕外側の一番正中線に近い部位(指圧中に顔を傾けてみるとチラリと見えるくらいの地平線の位置)にあります。

 解剖学的姿勢では手掌を前に向けた上肢内側が正面になりますから、指圧の姿勢では内側にあっても、それが上腕三頭筋の外側頭ですから、ここのところは間違って覚えている人も多いと思うのでチェックしておきましょう。

 上腕三頭筋外側頭は、曲げた肘を前下方向に伸ばすことで鍛えることができます。

 上腕三頭筋外側頭がこってしまうような指圧法は、曲げた肘を伸ばして圧しているか、力が入りすぎて肘関節をのばしたまま上腕三頭筋外側頭の等尺性収縮で圧しているので、よろしくありません。

 もっとふわりと、肘を自然に伸ばして、力を抜いて

 指紋部の着地はできるだけ自分の体に近づけ、圧しにくければ前に出した方の足(伏臥位、左肩甲下部の指圧なら左足)の着地を少し外側に開き、爪先も外側に向けて、野球で打者がミートポイントを遅らせて流し打ちをするようなアウトステップの形を取ります。

 できるだけ小さな動きで正確なミートをするのが指圧のフォームの本質であると私は考えています。

 疲れないフォームでなければ1点3秒圧として1分間に20点、1時間に1200点を適量刺激に調整することは無理、次第に乱雑な刺激となって、痛みや不安を抱えた方の期待に応えることができなくなります。

 指圧のフォームはその日の体調や自分の体の経年的な変化によっても微調整していくしかなく、御客様の体格によっても常に自分の体に合った姿勢をその場で見つけていかなければいけません。

 指力が入って指が疲れる、指の関節が変形するなどは論外、上腕三頭筋にこりを作らず、腰も下肢も疲れないフォームを追求し続けてください。

 とてもとても難しい、一生の課題です。

|

« 網膜剥離手術後は力仕事をしない(血圧を上げない)。 | トップページ | 鎮痛と保温。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上腕三頭筋外側頭がこってしまうような指圧法ではいけない。:

« 網膜剥離手術後は力仕事をしない(血圧を上げない)。 | トップページ | 鎮痛と保温。 »