« 右大腿骨骨折、介護ベッドの指圧。 | トップページ | 圧せないレベルの頚椎症状。 »

2011年9月12日 (月)

『世界で一番美しい人体図鑑』監訳 奈良信雄 訳 三村明子 発行 エクスナレッジ¥2940

 『世界で一番美しい人体図鑑』(監訳 奈良信雄 訳 三村明子 発行 エクスナレッジ¥2940)は、立体に近い感覚で人体の構造を見ることがでます。

 図が大きく、両面印刷のフィルムシートも使われていて、器官の裏側も描かれています。

 タイトル通り色使いが鮮やかで、今までの解剖図にはなかった3Dのスペースファンタジーグラフィックといった趣があります。

 手技療法で足りないと致命的なのが、3D感覚です。

 タッチングはナビのないドライブです。

 体のイメージ、ツボのイメージが平面図では目的地まで到達できません。

 立体的な人体図鑑、一度書店で手に取ってみてください。

|

« 右大腿骨骨折、介護ベッドの指圧。 | トップページ | 圧せないレベルの頚椎症状。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『世界で一番美しい人体図鑑』監訳 奈良信雄 訳 三村明子 発行 エクスナレッジ¥2940:

« 右大腿骨骨折、介護ベッドの指圧。 | トップページ | 圧せないレベルの頚椎症状。 »