« “デコピン”との違いから指圧のタッチを考える。 | トップページ | キンモクセイが香り始めました。 »

2011年10月 1日 (土)

リハビリ後の疲労回復に呼ばれる。

 右大腿骨骨折の方が昨日は久しぶりにデイケアに出かけ、夕方に帰ってくるなり『痛くてしょうがねぇからセンセイを呼んでくれ』ということになったそうで、指圧に行ってきました。

 その時間に予約がなかったので「すぐに行きます」とお伝えして急いで出かけたら、着いた頃には安心したのでしょう、眠っていました。

 指圧をすると眠りはさらに深くなり、いびきをかいて眠っています。

 「指圧が来なかったと思われても残念ですねぇ」と奥様に申し上げると、少し意地悪いくらいに「起きてるかい!」と大きな声で話しかけます。

 「痛ぇんだ…」、それだけむにゃむにゃと言ってまた眠ってしまいましたが、これで指圧が来なかったとは言わないでしょう。

 奥様も「痛ぇんだ」は毎度のことなので、ストレスが溜まっています。

 デイケアで周りにいろいろな人がいる中、車椅子に座っていることも、リハビリをすることも、心身ともに疲れるようです。

 右を上にした横臥位で、背部、下肢を中心にずっと眠ったままで指圧を終えました。

 『リハビリのリハビリだったなぁ』と思いながら、すっかり暗くなった道を帰ってきました。

|

« “デコピン”との違いから指圧のタッチを考える。 | トップページ | キンモクセイが香り始めました。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リハビリ後の疲労回復に呼ばれる。:

« “デコピン”との違いから指圧のタッチを考える。 | トップページ | キンモクセイが香り始めました。 »