« 「2枚の板を縫いつけて一週間後に抜糸をしてもくっつかない。しかし人間の傷は…」 | トップページ | 「冷蔵庫のところに白い髭をはやしたおじいさんがいた」と指圧中にお話しが。 »

2011年10月15日 (土)

数字の5の形に曲がった腰椎。

 右腰痛の50代女性、右足がしびれています。

 出産の時には腰椎が5の形に曲がっていることがわかり、帝王切開になったそうです。

 “腰椎が5の形”というとイメージするのも難しいのですが、腰痛の原因が第4、第5腰椎付近にあることは触診でわかります。

 一見して体重を減らすと腰への負担は軽くなると思えるくらいのりっぱな体格です。

 調理師で、姿勢は肩関節内転・内旋の手仕事の猫背になっています。

 仰向けで寝ると手をバンザイしたくなり寝る時に仰向けになれないということなので、猫背による胸郭出口の詰まりがあるようです。

 右を下にして横向きで寝ているとのこと、これは典型的な右腰痛症患者の睡眠姿勢です。

 伏臥位の指圧で背部の筋肉を緩め、腰椎の間隔を拡げていきます。

 普段は仰臥位が苦しいということでしたが、伏臥位の指圧後には楽に仰臥位姿勢がとれました。

 右下肢伸展挙上牽引では、脛骨と距骨の距腿関節のあたり(あるいは距骨と踵骨か)でポキッと音がしました。

 右足のしびれは腰の問題だけではなく、足関節の詰まりにも問題があったようです。

 指圧後、腰痛と右足のしびれは嘘のように消えていました。

 本人の言うところの“動ける〇〇”なので、筋肉がしっかりしている分、体重によって座骨神経症状が出ても、筋肉が緩んで関節の間隔が拡がれば神経症状は解消します。

 これで痩せることができれば…。

 お話しをうかがうたびに、親の介護の問題やお子さんの就職の問題などストレスに溢れた毎日のようです。

 お話しをうかがった分の重荷は発散され、指圧の効果もあって痩せるはずなですが、次々と持ち上がる毎日のストレスは強敵です。

|

« 「2枚の板を縫いつけて一週間後に抜糸をしてもくっつかない。しかし人間の傷は…」 | トップページ | 「冷蔵庫のところに白い髭をはやしたおじいさんがいた」と指圧中にお話しが。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数字の5の形に曲がった腰椎。:

« 「2枚の板を縫いつけて一週間後に抜糸をしてもくっつかない。しかし人間の傷は…」 | トップページ | 「冷蔵庫のところに白い髭をはやしたおじいさんがいた」と指圧中にお話しが。 »