« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

『按腹図解』太田晋斉の「解釈の術」は揉捏法とはいうものの軽いタッチだったはず。

 タッチの正解は相手によって、また健康状態、病状によって毎回変わります。

 タッチに迷った時、その解に導くヒントを古法あん摩やいろいろな手技療法の基本の中に見つけることがあります。

 太田晋斉著『按腹図解』では家法導引三術として「解釈の術」、「利関の術」、「調摩の術」を紹介しています。

  家法導引三術の「導引」の意味は、「(被術者がする)太極拳・気功のような呼吸運動法」ではなく、按摩導引と使われる場合の「筋骨を揺るがし、支節を動かすこと」ととるべきで、施術者にこそ呼吸運動法となる手技療法だと考えると、現代の手技療法者も学ぶべきお手本であることがわかります。

 解釈の術は「婦女子などの三絃を弾くに、其の線を指頭にかけて軽く弾くが如くなす」と書かれています。

 大腿前側「胃経」での解釈の術は、指頭で軽い圧をかけてから、母指で向こう側へ、四指で手前に軽く弾きながら鼡径部から膝へ向かって移動していくとイメージすることができます。

 解釈の意味は「釈」だけでも「解きほぐす、解き放つ」というニュアンスを持っています。

 釈尊とは「解きほぐしてくださる尊いお方」ということなのですね。

 東洋医学と仏教に重なる部分が多いのは、どちらも人間の心と体を「こわばりから解放する」科学(技術と哲学)だからなのでしょう。

 解釈の術=揉捏法と考えてしまうと、「婦女子などの三絃を弾くに…軽く弾く」とあるのをかえりみずに、揉み込んで筋繊維をねじってしまいます。

 太田晋斉さんの解釈の術は、揉捏法と軽擦法のどちらともいえるような中間的なタッチだったのではないかと思います。

 先日たまたまクイーンのギタリスト、ブライアン・メイさんが有名な6ペンスコインをピック代りに使ってではなく、指弾きでインストルメンタルを演奏している映像を見る機会がありましたが、柔らかい素敵な「解釈の術」になっていました。

 頭皮マッサージにはこの解釈の術がはまります。

 頭皮をとらえて前後に動かすだけではなく、頭皮をとらえたまま左右にも動かせばより気血を巡らせることになります。

 結合織マッサージの擦過軽擦やカギ型軽擦が引くのではなく圧していくことと比較すると、解釈の術では引くも圧すも自在に使っていたと考えられ、押して使う西洋のノコギリと、引いて使う日本のノコギリとの違いともだぶって面白いですね。

 家法導引三術の「利関の術」は関節の利き(機能)を良くする運動法、「調摩の術」は摩(撫でて)で調節する軽擦法です。

 『按腹図解』は1828年(文政10年)に著されています。

 この家法導引三術に指圧は入っていません。

 当時から民間療法としての指圧はあったようですが、現在のように体系化されていなかったということは、『按腹図解』からも推測できますね。

 アロマオイルマッサージでも、筋肉の繊維に沿って線状に指頭を前後に揺らしながら移動していく軽いタッチの揉捏は使えます。

 「婦女子が軽く三絃を弾く」ようなタッチができたなら、解釈の術の再現です。

 200年近く前の古典的なタッチに新しい命を吹き込んでください。

 受け継がれてきた技術の歴史と、技術の背景に流れる哲学を学んで、技術は「科学」になります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

スリムメンテ・スパイラルベルト(レッグタイプ 7,728円)。

 昨日送られてきた医道の日本社のカタログで「スリムメンテ・スパイラルベルト」に目が止まりました。

 スリムメンテ・スパイラルベルトはレッグタイプとアームタイプがあります。

 レッグタイプは左右の膝下と骨盤をベルトで圧迫し、膝下から内旋の螺旋状に大腿をベルトで締めながら巻き上げて骨盤のベルトにつながります。

 これをマッサージで考えるとスリムになることがわかりやすいと思います。

 「片手で膝下を固定し、膝伸展で大腿内側を求心性に斜め上方向に股関節内旋の緊張を与えながら螺旋状に軽擦していく」、この状態をキープするのがスリムメンテ・スパイラルベルトです。

 O脚の矯正と大腿のたるみを締めるのに非常に効果的なベルトだと思います。

 ファッション性をもっと強調すれば、おしゃれアイテムとしても流行るかもしれません。

 アームタイプは前腕の中央部分と上腕の中央部分をベルトで固定し、レッグタイプとは逆に外旋方向にベルトで巻き上げて、肩関節に外旋の緊張を与えて猫背の矯正をします。

 肩甲骨外縁や二の腕のたるみをとるのには、このアームタイプのスパイラルベルトによる肘伸展+肩関節外旋の締め付け補正が効果的です。

 カタログのセール価格でスリムメンテ・スパイラルベルトのレッグタイプが¥7,728、アームタイプが¥3,984です。

 下肢に内旋の求心性スパイラル刺激を、上肢に外旋の求心性スパイラル刺激を、マッサージで一筆書きのスパイラルを描くのは難しいところですが、施術の参考になりますね。

 下肢は足を底屈するふくらはぎや股関節を内転する大腿内側がたるみ、上肢は肘を伸展する上腕外側がたるむ、この上肢・下肢での運動不足になりがちな筋肉と関節運動の対比を考えてみるのに、スリムメンテ・スパイラルベルトは手技療法の教材としても使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

80代男性、右肩こり、左肘の内出血と首(項窩)の紅斑。

 80代男性、主訴は右肩こりです。

 歩きは右膝が伸びきらず、左より右足の運びがぎこちなく見えました。

 狭心症、高血圧で、カルシウム拮抗薬、血管拡張薬、ビタミンEを服用しています。

 年齢と心臓の持病から長時間の伏臥位は避けたいところです。仰臥位で下肢から指圧を始めました。

 筋肉はしっかりしています。

 心臓のポンプの力の衰えにより「足がむくむので就寝時は足を高くして寝ている」そうですが、下腿の筋肉は80代とは思えないくらい発達していて、むくんでいません。

 膝や股関節の動きは硬く、ストレッチをすると右よりも左膝、左股関節の可動域が狭くなっていました。

 最初の右膝の伸びきらない印象からすると意外でした。

 年齢的には両膝の軟骨が磨り減ってきていることが考えられ、下肢の関節は確実にストレッチ不足です。

 上腕の筋肉も発達しています。

 左肘関節尺側には直径4センチの内出血がありました。

 「どこかにぶつけましたか?」と聞いてみると「そんな覚えはない」とのこと。

 おそらく左肘をテーブルについていることが多いのでしょう。

 冠動脈の梗塞を防ぐためにカルシウム拮抗薬、血管拡張薬、ビタミンEを服用し血液を固まりにくくしていますから、出血しやすくなっています。

 肩の関節運動は正常、全く問題ありません。

 右肩に心臓の影響が出ることは希ですから、右肩はいわゆる「筋肉の肩こり」で、腱板炎や石灰化などを考える必要もなさそうです。

 頭部顔面の指圧では、指圧が運動になっているので汗ばんできていて、血色が良く顔面は紅潮してきています。

 これも高血圧の方や服薬により出血傾向のある方にはよくあることなので、くれぐれも強い刺激はしないということを肝に銘じてください。

 おなかは内臓が下がっておらず、心臓の影響が出る心窩部の硬さや肝臓の硬さもありません。指圧で腸に動きも出て、いいおなかです。腹部に問題は感じません。

 伏臥位の指圧では、枕の当たる首の項窩の部分に紅斑がありました。

 接触性皮膚炎の様相ですが、服薬による出血傾向も無関係ではないと思いました。

 全身指圧後、ふらつきもなく起き上がり、その後には定例の会合に出席されるとのことでした。

 このケースは「心臓疾患=左肩こり・左上肢放散痛」という典型が当てはまりません。

 心臓の服薬治療が効果を示していて、元気に動ける80代男性の筋肉の肩こりの指圧でした。

 「薬によっては出血傾向の副反応が出るものもあること」、「高齢者・高血圧・心臓疾患では心臓を圧迫する伏臥位の時間を短くすること」、この2点は頭に入れておいてください。

 服薬により出血傾向があれば皮膚をねじったり、つねったり、強い刺激をすれば内出血させてしまうことになります。

 本人が気づいていない内出血を見つけることや、膝や股関節の関節運動をすることに価値があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

タンパク質不足が老化を進行させる。血中のアルブミン量が老化指標。

 アルブミンは血液検査で馴染みのあるタンパク質です。

 体内のタンパク質の50~65%はアルブミンで、組織へのアミノ酸や薬物の供給はアルブミンが運搬の役目を担っています。 

 A/G比という血液検査の項目は血中タンパク質のアルブミンとグロブリンの比率で、体内ではアルブミンがグロブリンに対して1~2倍であるのが正常値です。

 アルブミンは体の栄養状態を示す指標となり、病気の時やタンパク質の摂取が不足すると、血液中のアルブミン量が減ります。

 筋肉にアミノ酸(分解されたタンパク質)を供給するのがアルブミンです。

 筋肉を太くしようとしてボディビルダーの方たちがトレーニングの後にプロテインを飲んだり、卵白をたくさん食べるというようなことがありますが、卵白は英語で「albumen」ともいい、アルブミンそのものなのですね。

 コラーゲンや、髪の毛や爪になるケラチンもタンパク質です。

 成人では1日に体重1kgあたり1.2gのタンパク質を摂取する必要があります。

 組織の新生や補修をするのはタンパク質です。

 必須アミノ酸は9つありますが、体内で生産できるヒスチジンを除く、「スレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、リジン」という体内で生産できない8つの必須アミノ酸は食事から摂取しなければいけません。

 「激しいエクササイズは3日に一度でいい」というのも、組織を新生、修復し、筋肉を太くするのには休養も必要だからです。

 必要なタンパク質を摂り続け、適切な運動で筋肉を維持していけば老化を遅らせることができます。

 過度なダイエットも、過度な運動も、健康長寿には逆効果だということです。

 老化と病気は、「体を使い過ぎて疲れて免疫力が落ちる」、「栄養が足りずに組織が衰えていく」という点で同じことと言ってもいいと思います。

 血液検査で総蛋白という項目が一番最初にくることが多いのは、血中アルブミン量が健康状態を示す指標だからです。

 ヴァイオリニストの千住真理子さんは本番前に生卵を3つ飲むそうです。それが何よりの『栄養ドリンク(サプリメント)』になっているとか。

 そういえば坂東英二さんのゆで卵も、あの元気の源なのでしょう。

 卵白をアルブミンだなと思いながらいただき、無脂肪牛乳も、何かその他のメインとなる美味しいタンパク質も、今日の体のためにいただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

60代女性、右鼡径部から大腿内側に走る灼熱感のある痛み。

 「60代女性、時々右鼡径部から大腿内側に灼熱感のある痛みが走る」ということです。

 変形性股関節症か、坐骨神経痛や筋性の腰痛などの腰の問題か、閉塞性動脈硬化症か、鼡径ヘルニアのようなことか…?

 まず問診で高血圧、糖尿病はないとのこと、しかし年齢的に女性ホルモンの減少と動脈硬化はあると診ます。

 肩甲間部の緊張が強く、肩と背部の筋肉はこっていますが、腰椎は正常範囲の前弯を保っています。

 伏臥位の指圧で坐骨神経に沿った強い痛みの訴えや、股関節・膝関節の運動で痛みは出ませんでした

  また、足の冷えもありませんでした。

 鼡径部の支配神経はL1(第1腰神経)ですし、大腿内側の支配神経はL3までですから、L4~S3の坐骨神経の問題は除外できそうです。

 仰臥位下肢の指圧では両鼡径動脈の脈が弱く、かすかに微妙な揺れを感じる程度でした。

 そして右下肢外側の緊張が強く、右大腿内転筋群の衰えが顕著でした。

 仰臥位の右股関節の運動でも痛みは出なかったので、変形性股関節症は除外できます。

 指圧中はよく眠りました。

 全身指圧後、鼡径部の脈はかなりはっきりしてきました。

 しかし右鼡径部を自分で強く圧したくなるような違和感は残っているようです。

 足の冷えもなく、100mくらいの歩行で止まりたくなるというようなことはないということなので、閉塞性動脈硬化症というまでのことではなさそうです。

 事務の仕事で座位姿勢が多いということなので、右下肢外側の緊張、右内転筋の衰えから、おそらく鼡径靭帯にも緩みがあるのではないかと思います。

 右鼡径靭帯の正常な張りがたわんで、右鼡径動脈とその下の閉鎖神経が圧迫され、鼡径部から内転筋に神経症状が起きる、あるいは腸も下がってきていて鼡径ヘルニア(脱腸)の前兆のようなことが起こっているのではないかと思いました。

 以前にもこのようなケースで鼡径ヘルニアの手術をした方がいらっしゃいました。

 しかしその方はなかなか鼡径ヘルニアの診断がつかなかったようです。

 明らかに腸が飛び出してこなければ診断できないこともあるのでしょう。

 いずれにしても内転筋群の使わな過ぎ、座位姿勢で股関節を開いて座ることに問題があると思いました。

 クッションやゴムボールなどを大腿に挟んで内転筋を締める運動や、仕事の合間には座位で自分の両手首を挟む運動をすることをアドバイスさせていただきました。

 骨盤底筋、靭帯、筋肉、使わなければ年齢とともに緩み、たわみ、それは血管や神経の圧迫となり、血流の勢いを弱める原因となります。

 股関節を大きく使って歩くことが第一の解決策ですが、なかなかそれができないということなので、まずは内転筋のエクササイズをすることが骨盤底筋や鼡径靭帯を締めることにもつながります。

 今後鼡径ヘルニアになるとは言い切れませんが、痛みが改善されず、今より強い痛みが出るようなら病院への受診が必要だと申し上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

一輪の白いトルコギキョウを際立たせる涼やかなグリーン系のブーケをいただきました。

 昨日はコンサートに参加してきました。

 グリーン系のブーケをいただきました。

 一輪の白いトルコギキョウを際立たせるために、カスミソウや青麦やミントに似た葉、串に刺した緑の姫リンゴなどを配置した目に涼しいブーケです。

 今日は江戸切り子の青いグラスに入れて施術室に飾りました。

 青山フラワーマーケット、なかなかやってくれます。

 意外性もある上品さは、贈る人の印象を良くしてくれますね。

 徐文振さんというヴァイオリニストの方が出演されていて、音の表情豊かにサンサーンスの「序奏とロンド カプリチオーゾ」を演奏されました。

 音の強弱、明暗がしっかりと表現されていて、ヴァイオリンという楽器の面白さ、良さがわかる素晴らしい演奏でしたが、有名な方ではないのですね。

 まだ若いので音大生でしょうか。

 20センチくらいのヒールを履いていて演奏している時は大きく見えましたが、楽屋では小さな女性でした。

 ヴァイオリンを首にはさむのに力が抜けていて、クラッシックというよりはフィドルのような軽やかな持ち方です。

 手首や指もしなやかで、『これなら肩こりや腱鞘炎になりにくいだろう』と安心して演奏を楽しむことができました(20センチのヒールはどうかと思いましたが…)。

 『ヴァイオリンは弓の軽擦と指で弦を圧迫することの連携で成立するのだなぁ』などと思い、聴きながらふと気がつけば自分の顔や腕を指圧していたりしました。

 音楽は深いです。音楽からは学ぶことがたくさんあります。

 そしてフラワーアレンジメントにも注目していきたいと思いました。

 ちょっとした組み合わせの工夫が、贈る人の印象をとても良くするのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

自閉症の人は表情のコミュニケーションに関わる内側前頭前野の活動が低下。

 「自閉症の人は相手が友好的かどうかを判断する際、表情より言葉の内容を重視する傾向にあり、それは他人の意図や感情の理解に関わる脳の「内側前頭前野」の活動が低下しているためであることを、東京大学の研究チームが米オンライン科学誌プラスワンに発表した」という記事を今朝の産経新聞で読みました。

 自閉症の人に、通りすがりの会釈や愛想笑いは、友好的な感情を示す態度として理解されないようです。

 逆に自閉症でない人たちにとっては、通りすがりの会釈や愛想笑いはコミュニケーションの手段として、暗黙の(沈黙の)了解事項であるわけです。

 自閉症の人にとって、他人が自分との距離を縮めようとする時は、それが笑顔であっても、怒った顔であっても、友好や敵意の判断材料とならず、言葉の内容こそが大事だということです。

 自閉症の人を、心のない口角を上げた笑顔でごまかすことはできないのです。

 自閉症ではない人が、愛想笑いで近づいてくる人のうまい話に乗って詐欺にあったり、だまされたりするのでしょう。

 自閉症で個のバリアを強めた人と、通りすがりの無言の会釈や愛想笑いでコミュニケーションをはかる人。

 人間社会の共同体の中で生きていくためには、面白くなくても敵意がないことを示すために笑顔を作ることが必要だった、そしてこれからも表情で友好を示すことはコミュニケーション手段として大切で、それが忘れ去られるようなことにはならないでしょう。

 「言葉の内容こそ大事、表情にはだまされない」ということからすると、自閉症の人は「愛想笑いでコミュニケーションをはかることはできるけれど言葉には内容がない人」よりは、ずっと人間的な重みがあって優れているように思います。

 愛想笑いが心からの微笑みになるように、言葉が的確で内容のある笑顔そのものになるように、今日も笑顔で、言葉にも笑顔を乗せて、一言ずつ思いを伝えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

宇宙が膨張し続けるのであれば、過去は収縮している。

 「ビッグバンから始まった宇宙が膨張し続けているのであれば、(宇宙の)過去は収縮している。」

 テレビで見た放送大学の講義の中での一言です。

 「過去に遡れば宇宙は小さくなっていき、未来へ向かえば宇宙は大きくなっていく」のですから、この過去と未来の大きさは人間にも当てはまらないはずがないと思いました

 もちろん過去の重さが収縮し、未来の希望が膨らんでいってほしいと思います。

 桂歌丸さんが3回目の腰の手術をされたそうですが、今週指圧にいらっしゃた方の中には、3回目の巻き爪のワイヤー治療を受けた方がいらっしゃいました。

 なかなか治らない、治療を受けても同じ症状がまた起こってしまうという方がいらっしゃいます。

 触れただけで痛い方もいらっしゃいます。

 「触れてなんぼ」の仕事ですから、「じゃぁどうしたらいいのだ」ということにもなります。

 急性期の痛みを持つ患部を、直にタッチでいじり倒すのは禁忌です。

 かといって、何が起こっているのかを調べるために、触診や小さい関節運動などの慎重なアプローチは必要です。

 私は弱いタッチを使うセラピストのつもりです。

 それでも、それを上回る痛みや、繰り返す症状に適量刺激が見えないこともあります。

 そういう時は力を止めるために力を使うので、倍疲れます。

 昨日は「センセイに会えてよかった」と言っていただいた方に、もぎたてのきゅうりをいただきました。

 指圧を受けずに「新ジャガはいるか?」とだけ聞きにきた方、「病気だからしばらく指圧に行けません」とわざわざ欠席届のような電話をかけてきた方、この一週間もいろいろなことがありました。

 上手く出来た感じがする時も、そうでない時もあります。

 慢心するなということです。常にワンタッチの適量を作ろうとしていてさえ、合わないことはあります。

 収縮していく過去の重さは軽くしていけばいい、膨張していく未来の希望を膨らませていくようにしなければ!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

寺尾聰 さんの歌う「スマイル」。

 寺尾聰 さんが『徹子の部屋』に出演された時の、御自分がモーターパラグライダーで空を飛んでいる映像のバックに流れた「スマイル」、ベースを弾きながら歌っているライブの音源だということでしたが「あぁいいなぁ」と思いました。

 寺尾聰 さんのライブCD「フライング・ベースマン」、さっそく買って聴いてみました。

 「スマイル」はチャールズ・チャップリンさんが作曲し、映画「モダンタイムス」で使われ、後に歌詞がついてナット・キング・コールさんが歌い、マイケル・ジャクソンさんもカバーしています。

 寺尾聰 さんの歌う「スマイル」は、ゆったりとした半音進行のおしゃれなメロディラインをふわりとやさしく浮遊するようで、時間の流れをゆるやかにしてほっとする包まれ感のある空間に引き込んでくれます。

 「音を楽しむ大人の時間とお金をかけた遊び」がライブCD「フライング・ベースマン」になったのだと思いました。

 バリー・マニロウさんの歌っていた「I write the songs」(作ったのはビーチボーイズのブルース・ジョンストンさんだったのですね!今知りました)も寺尾聰 さんが気持ち良さそうに歌っていて、「俺たち完コピしちゃってるね」ってライブでバンドメンバーが顔を見合わせてニコニコしながら演奏し、歌っていたんじゃないかなぁと思います。

 じっくり聴き込むとライブ音源特有の雑味はありますが、「スマイル」と「I write the songs」はこの3日くらいずっと聴いています。

 上等なマッサージくらい癒されます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

おなかへのタッチ、東洋医学では膝を曲げないことの意味を考える。

 台風一過、昨日は暑い日になりました。

 原宿の講座へ向かう朝の電車から見た川は、川幅いっぱいまで濁流となり、普段は水にに浸かっていない伸びすぎた夏草も海藻のように流れの中で洗われていました。

 どこから入ってきたのか一匹の羽の湿ったスズメバチが弱々と電車の中を飛びまわり、やがて天井部分に止まって休んでいましたが、台風の中、物凄く遠い所から飛ばされてきたのかもしれません。

 濡れて弱っている上に小ぶりな痩せたスズメバチで、大騒ぎになりそうな獰猛さはなく、気づいた人も少なかったようです。

 どうなったことか、巣に戻るのは難しいんじゃないかな…。

 原宿の講座の前にビルズで世界一の朝食を食べてやろうと思ったのですが、朝の時間は貴重でなかなか融通が利かず、多少電車の遅れもあって、結局講座の準備がゆったりできる程度の早出でした。

 「西洋医学の触診は膝を曲げて腹直筋の緊張を緩めて内臓を診る」、「東洋医学では膝を伸ばして腹直筋の緊張を含めた体表の内臓反射を診る」、両者を比較すると東洋医学ではより繊細なタッチが必要になります。

 おなかに触れた時の「圧し込む前の情報」を精査するのが東洋医学的なタッチです。

 昨日の講座は、手掌の使い方に絞ってみました。

 「手根部を使う」、「手掌圧から指頭圧に起こしていく」ということを含め、手掌の軽擦と手掌圧だけでおなかのタッチを成立させるという内容です。

 腹痛の方や妊婦、小児、高齢者、体の弱い方、また初めて施術をする方では問診で明らかにならなかった腹部の病気があるかもしれないので、いきなり1,2,3で圧し込んではいけません。

 何回もおなかに触れている方でも、「今日のおなか」は違いますから、まずはふわりとした手掌の密着で、硬さや冷え、動悸などの情報を感じてください。

 ふわりと手掌を乗せただけでも「コップの水の表面張力」のように、中では分子の潜り込もうとする力が生まれていると考えてみてください。

 表面張力は、外圧に触れた表面の水分子が空気に触れる部分を最も小さい球体の1点として中に潜り込もうとするので盛り上がる力です。

 手掌で皮膚表面を表面張力のように包み込むことができれば、皮下では動きが生まれます。

 一度タッチを行えば、同じ箇所には動きが生まれているので、2回目のタッチの刺激量は当然1回目と変えていかなければいけません。

 増やせるのか、むしろ減らすのか?

 このあたりがセラピストの感性です。

 単純な足し算ではないということです。

 「自分の横隔膜の上下の動き、つまり呼吸で圧す」、また例えば「手首から先の重さで圧す」、「自ら意識して良い呼吸をし、受け手にさらに良い呼吸をさせ、お互いに高いレベルの呼吸のキャッチボールをする」、「受け手の腹式呼吸で手掌を圧していただいて自分が健康になる」、いろんなことを言いました。

 何となくその雰囲気の中で感性にさざなみが立ってくれたら、それでいいんです。

 タッチを味覚で表現すれば、新しい繊細な味を知り、味わい方がわかれば、もっと美味しくなります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

おなかのランドマークとなるツボ、「鳩尾、中脘、神闕、関元、曲骨」「章門」「天枢」。

 おなかへのタッチでランドマーク(目印)としてまず覚えたいツボは以下の7つです(任脈と督脈以外のツボは左右対称ですから、5+2+2で9ヶ所です)。

 (1)任脈(正中線)の「神闕」(臍)を中心とした5つのツボ

  ①「鳩尾」:正中線の胸骨剣状突起の1寸下

  ②「中脘」:神闕と鳩尾の真ん中

  ③「神闕」:臍

  ④「関元」:神闕と曲骨の真ん中

  ⑤「曲骨」:恥骨結合の上際

 (2)肝経

  ⑥「章門」:第11肋骨前端下際(下から2番目の浮肋=肋骨弓より外側)

 (3)胃経

  ⑦「天枢」:神闕の2寸外側

 そして軽擦では以下の3本のラインを覚えてください(任脈と督脈以外の経脈は左右対称ですから、1+2+2で左右合わせると5線です)。

 ①「章門」から「鳩尾」までの軽擦とその逆方向の肋骨弓に沿った上腹部

 ②「鳩尾」から任脈を下る軽擦とその逆方向の正中線の軽擦

 ③任脈の外側2寸、胃経の上下方向の軽擦(「天枢」をランドマークとして行う)

 この3本のラインの軽擦に加えて、手掌圧や軽い指頭圧だけでもおなかのマッサージは成立します。

 小児や妊婦、腹痛の時など、この7つのツボ、3本のラインを自分のものにすることができれば幅広く応用していくことができます。

 おなかのタッチで絶対にはずせないポイントをあげるなら、私はこの7つのツボ、3本のラインに単純化します。

 任脈は上行する経脈、胃経は下行する経脈です。軽擦はこのようなツボの流れを意識して行うこともできます。

 また、「運動神経に沿って下行する、感覚神経に沿って上行する」、「動脈に沿って下行する、静脈やリンパに沿って上行する」という意識を軽擦に込めることもできます。

 手掌の中心では任脈をとらえ、手根部では胃経をとらえ、指では脾経をとらえるということもできます。

 手掌の中心で胃経をとらえれば、手根部では任脈をとらえ、指は肝経や胆経をとらえることもできます。

 おなかの曲面にフレキシブルに密着し、圧の持続の工夫をする、当てる面積の工夫をする、これだけでも何通りものタッチができます。

 ただ「深く圧し込む」、「のの字に軽擦する」だけでは“届かない何か”があることはわかりますね?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

そば、野沢菜、セロリ、きゅうり、レモンを食べると日焼けしやすくなる。

 アロマテラピーではベルガモットに含まれるベルガプテンに代表される柑橘類の精油などに含まれるフロクマリン類の光毒性について学びます。

 ベルガプテンなどのフロクマリン類を含む精油をオイルマッサージなどで肌に使用すると、紫外線への感受性を高めて日焼け・シミの原因となるので、使用後12時間は紫外線に当たらないように注意します。

 つまり、柑橘類の精油を使ってアロマオイルマッサージをするならば、夜にするということです。

 「そば、野沢菜、セロリ、きゅうり、レモンなど」にはフロクマリン類のソラレンが含まれていて、日中に食べると日焼けしやすくなるそうです(ベルガプテンもソラレンの一種です)。

 そばや野沢菜は長野県の物産というイメージがあります。

 おそらく長野で「そばや野沢菜は夜だけ食べる」という人は少ないと思うので、長野県民は日焼けしやすいということがあるかもしれません。

 私は野沢菜は食べなくてもすみますが、そばやセロリ、きゅうり、レモンは毎日でも食べたい食材です。

 日中に食べると日焼けの原因になることまでは考えていませんでした。

 リコピンが紫外線から肌を守るので、トマトと一緒に食べることで相殺されないかな?

 白いシャツは紫外線を通すので日焼けをしたくないなら色のついたシャツを着てください。

 日焼けサロンや海辺で意識して肌を焼いてはいけないと思っているくらいの肌トラブルや皮膚癌への認識でしたが、食材にも気をつけたほうがよいのですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

クールビズの冷感タオルでアレルギー症状(せきぜんそくの指圧)。

 この夏の節電対策、クールビズグッズとして店頭に並んでいる「水で濡らして首に巻く冷感タオル」を使用してアレルギー症状が出たという苦情があるようです。

 このタイプの冷感タオルは乾燥すると硬くなるため、輸送時の破損を防ぐ目的でわずかに湿らせて柔らかい状態で出荷され、カビ防止のためイソチアゾリノン系の防腐剤が使われています。

 イソチアゾリノン系の防腐剤はアレルギー性の接触性皮膚炎を引き起こすことが報告されています。

 クールダウンに、頭や目になど、マッサージのサービスで使ってみるのは、やめておいたほうがいいでしょう。

 アレルギーといえば、先週はせきぜんそくと診断された方の指圧が続きました。

 「せきぜんそく」は喘息と違って呼吸困難や「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴がありません。

 咳が主な症状です。

 咳が続くので風邪の治りが悪いのかと思って病院へ行ったら「せきぜんそく」と診断されたという人が多いようです。

 せきぜんそくは男性よりも女性に多く、喘息の前段階とも言われていて、ハウスダストや寒冷刺激、ストレスなども原因となります。

 「東北旅行、寒さ、関東では終わっている花粉が東北ではまだ飛んでいたなどがきっかけと思われるせきぜんそくの60代女性」、咳が続いていて、食欲がなく、痰がきれにくいようで、声もかすれています。

 背中が丸くなり、背部はガチガチに硬くなっていました。

 咳が続けば、内・外肋間筋や横隔膜、背筋、腋窩、上腕まで硬くなります。

 喘息の発作で布団から起き上がって背中を丸めている状態の起座呼吸は、背筋をストレッチして背部から呼吸器にかかる圧をやわらげ気管支を拡張させる姿勢であるとみることもできます。

 のどの乾燥と刺激を防ぐためにマスクをして指圧にやってきたことから、年齢的に体の潤いが失われてきていて、気道も乾きやすいのだろうと感じました。

 咳が続き喉の奥の炎症が治りきらないのは、気道の潤いが足りないということも原因の一つです。

 背中の緊張を緩和し、血行を促進してのどに潤いを与えることができれば、気管支拡張に貢献できると考えられます。

 全身指圧後、背中が伸びて呼吸が楽になったとのことでした。

 それには上肢内側の肺経、腋窩、前胸部、前頚部の指圧も効果があったようです。

 つまりは筋肉の緊張を放っておいて、気管支拡張薬を服用するだけでは、その効果が十分に発揮されないということです。

 筋肉を使って呼吸をし、筋肉を使って咳をするのですから、咳が続けば筋肉は体を締め付けていきます。

 せきぜんそく、喘息には背中とその周囲の呼吸筋を緩めてください。

 呼吸が楽になります。

 もちろんアロマ指圧ですから、ユーカリ・グロブルスとラベンダー(ブルガリア産)のアロマミストと、オリジナルのヒーリングミュージックの中で眠っていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

妊娠15週、腰痛の指圧。

 妊娠15週の30代女性、今回の主訴は腰痛とふくらはぎの痛み、そして体のだるさです。

 つわりはまだあるものの対処法をつかんだようで、頻度は減ってきているようです。

 吐くことによってできた食道の炎症や胃炎も治りきっているわけではなく、調子の悪い時は胃をかばうように背中を丸めて旦那様の食事を用意していたとか…。

 玄関から入って来た時の歩き方が妊婦さんらしくなっていて、つまりは背中が沿って膝が伸びきらず小股で足が外側に出るおすもうさんのような歩き方です。

 座位の触診では腰椎の後弯が顕著で、後姿はおばあさんのようです。

 持ち歩いているという吐き気予防の飴を口に含んでの指圧です。

 仰臥位下肢の指圧から始めました。

 まず骨盤が開いてきて、胎児の位置が左下腹部に寄ってきていることがわかります。

 骨盤は右が下がっています。

 膝はやや外側を向き、伸びきらないようです。

 左中殿筋を圧すと神経の刺激の強いしびれるような痛みがあるようです。

 左ふくらはぎの外側を圧すと、左中殿筋にまでしびれるような痛みが走ります。

 骨盤の開きと腰椎の後弯した妊婦姿勢が上殿神経と脛骨神経(坐骨神経の延長)を圧迫しているようです。

 それでも前回よりは下肢及び全身のむくみは少ないようです。

 右足のふくらはぎ下部・アキレス腱周囲にも指圧をすると痛みとおもだるさがあるようです。

 下肢・上肢・顔・頭部・前胸部・と指圧をし、そして腹部にも軽く手掌で触れておきます。

 横臥位の指圧では腰のくびれの部分のツボ、左脊柱起立筋の「腎兪」とその外側の「志室」に痛みがありました。

 妊婦さんがたどりそうな体の変化をたどって腰痛になっているということだと思います。

 妊娠の経過は順調という感じがしました。

 自ら「社交的だ」と語り「それなのに誰と会う気も、何をやる気も起きない」ということですが、それは体を一番安静にしていい時期の本能的な心への指令なのではないかと思い、そう伝えました。

 旦那様を「(以前より)もっと好きになった」、なるほど、なるほど(それは、それは何よりでございます)。

 これも妊娠中の感情の変化の一つなのでしょう。

 つわりで辛い自分を置いて、釣りに行ってしまう旦那様を理解できるようになったというのですから、それは大きな心境の変化です。

 唇のカサカサは治らないようですが、ヒアルロン酸は臍帯にとられ、おなかの赤ちゃんにもとられているので無理もありません。

 赤ちゃんの老廃物まで腎臓で処理しなければならず、つわりが起きるのもだるいのも仕方がないことですが、おそらくその辛さからもそろそろ解放される時が近づいているという感じがしました。

 これから赤ちゃんが急速に成長していきますが、妊娠前よりも2kg痩せたということで、むしろ下肢のむくみは減っていて、体重が増えること、おなかが大きくなることへの心配はないでしょう。

 指圧後は腰が伸びて、膝の外側の開きもなくなり、妊婦さんなのかどうかわからない歩き方になりました。

 母体という宇宙と胎児という惑星の誕生と、妊娠から得た経験の中で心のステージが高くなっていく様子など、なんだか神様と対峙した時間のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

資生堂「クレ・ド・ボー ボーテ ラ・クレーム」105万円、3個予約販売(ヒアルロン酸はニワトリのトサカからも作られている)。

 今朝の驚きのニュースは「資生堂から105万円のクリームが販売される」でした。

 しかし実は最高級ブランド「クレ・ド・ボー ボーテ」誕生30周年を記念して、「ラ・クレーム (25g 52500円)」をサンルイ製のクリスタル容器に入れて、50gで「3個予約販売」するということのようです。

 90万円は容器代です。まんまと宣伝に引っ張られてしまいましたが、それにしても1g2000円のクリームですから高価な品です。

 「バラの香りとランの香りを調合した…」というのも、いかにも高級を絵に描いたようで、なんだかなぁという思いやら溜息やらで…。

 インターネットで使用者の感想を読んでみると絶賛ばかりではないようで、105万円を出して購入する気になるのはセレブな奥様か石油王か、ともかく資生堂の宣伝としてはその売り上げ以上の効果がすでにあったと思います。

 まんまと私までクレ・ド・ボー ボーテがインプットされてしまいしたから。

 この資生堂の高級クリームにもヒアルロン酸が使われています。

 ところで、ニワトリのトサカからヒアルロン酸ができるって知ってましたか?

 ニワトリのトサカは大量に集められて、今日もどこかでヒアルロン酸が作られています。

 その絵ヅラを想像すると、ニワトリのトサカをちょん切る場面から見えてきて、ヒアルロン酸と「クネクネヒラヒラ」がだぶります。

 ヒアルロン酸1gで6ℓの保水力があるそうです。

 肌のヒアルロン酸含有率は20才の頃を100とすると30才では70、60才では30というような言われ方もしますから、化粧水やクリームでヒアルロン酸が盛んに使われているのも納得です。

 ヒアルロン酸はニワトリのトサカの他に臍帯からも分離・抽出して良質なものが作られ、現在では乳酸菌や連鎖球菌などからヒアルロン酸が大量生産さているそうです。

 「ラ・クレーム」のヒアルロン酸がトサカからできたものなのか調べることはできませんでしたが、高価であるだけに大量生産できるものからできたヒアルロン酸ではないと思います。

 ヒアルロン酸は膝痛の時にも注射で使われています。

 「膝に水が溜まる」のは液成分を満たして炎症を起こした関節の摩擦を軽減するためですから、膝痛にヒアルロン酸を注射してその保水力によって結果として炎症を抑えるというような使い方がされるのですね。

 資生堂の宣伝上手とニワトリのトサカのインパクトに触発されて、高級クリームとヒアルロン酸について書いてみました

 生きているニワトリのトサカに水を大量に注入すれば超むくむのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

加藤牧場のカチョカバロ(瓢箪型の熟成ナチュラルチーズ)。

 「男のプッチンプリン」が豆腐の横で売られていました。やっぱりそう思った人がいたのでしょう。

 その大型スーパーの近くに加藤牧場があります。

 テレビ番組で加藤牧場のチーズ「カチョカバロ」が取り上げられていたので、どんなものかと行ってみました。

 カチョカバロはナチュラルチーズをひもでくくり、吊るして熟成させるので瓢箪型をしています。

 焼いて食べてみると、モッツァレラチーズを熟成させたような味で、よく伸びます。

 カチョカバロはステーキのように食べることもできるチーズです。初カチョカバロは期待を裏切らないまっとうなディナーになりました。

 モッツァレラチーズも買ってみましたが、こちらは水を入れたビニールの袋に入れて売られていました。

 カチョカバロは味覚に訴えるものがありましたが、このモッツァレラチーズは塩分のない乳清の塊という味でした。

 素材として正しい感じですが、このモッツァレラチーズは水っぽさをいかに抜くかということが必要になります。天然塩をつけていただくチーズという感想です。

 売店に椅子とテーブルがあり、チーズ丼や牛乳とキムチを使った高麗鍋を食べることができます。

 美味しそうなのですが、ゆっくりと食事ができるスペースではないのが残念です。お店が空いている時に食べてみたいと思います。

 落ち着いて食事ができるレストランを作れば、素材が新鮮なだけに、チーズ料理を提案するお店として注目されることでしょう。

 研究熱心なことは手作り感が伝わる商品を見ていればわかります。

 ハードタイプのチーズ、白カビや青カビのチーズ、チーズデザート、プリン、ソフトクリーム、クリームどら焼き、もちろん牛乳も売っています。

 微妙な味を知って、味覚の閾値(最低刺激量)を揺さぶってみることは、間接的に触圧覚への刺激にもなります。

 タッチの繊細さは他の感覚を磨くことでこそ磨かれ、その深みを増すものだと私は感じています。

 そんな思いに引っ張られて、今日も何か感覚の刺激を探します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

首が回らなくなってから3日目の指圧。

 「ES細胞(胚性幹細胞)から神経網膜を作ることに成功」というニュースがありました。

 ips細胞(人工多能性幹細胞)とES細胞の研究が進めば、今まで不可能であった組織の再生や機能の回復が医療によって可能になります。

 それは輝かしい医療の進歩ですが、万能細胞から人間再生をはかることへの倫理の問題も大いに気がかりです。

 サイボーグのような兵士や心に温かみのないエリートの大量生産などということにはならないように、歯止めは必要です。

 指圧では相変わらずアナログなことをやっています。

 「夕方から首が動かせなくなった」という50代の男性、手にしびれはないということで、電話での応対でロレツにおかしなところもなかったので、『寝違え』に近い状態と推察し、3日後に指圧をすることにしました。

 「首を動かして痛みを確認しないこと」の念を押して、湿布でも貼っていただいて、急性期の指圧はしないことにしました。

  手のしびれがなかったということは、腕神経叢までは障害されておらず、会話のロレツもおかしくなかったので、脳血管障害も否定できると電話で思ったので、「急性3日」という期間の安静が保てればかなり状態が楽になると予想できました。

 下手に首をいじれば悪化させることもあります。また、首を回せない状態で車を運転して来ていただくことも、よろしくありません。

 3日後指圧をした時には、「昨日から痛みがかなり楽になり、首が動かしやすくなった」ということでした。

 問診で「ゲームのし過ぎ」が原因ということがわかりました。

 猫背で首が肩より前に突き出し、斜角筋群、特に左の前斜角筋鎖骨部のこり、左肩上部僧帽筋のこりが顕著でした。

 首の右側屈と右回旋ともに45°くらいで痛みが出ました。

 ネーゲリー氏の伸頭法(項窩に両母指を当て側頭部に四指を当て頚椎の牽引)で痛みはありませんでした。

 左側頚部に何らかの傷があると考え、患部をはずし患部周囲の誘導作用を利用した全身指圧を行いました。

 指圧後、右側屈、右回旋ともに60°くらいまでは痛みがなくなり、可動域を拡げることができました。

 ネーゲリー氏の伸頭法で痛みが出なければ、頚椎が重篤な状態ではないと考えていいと思います。

 しかしこれがいわゆる「寝違え」の状態(頚部捻挫)になった当日であれば、頚椎の牽引をゆっくりと慎重に行っても痛みが出たかもしれません。

 頚椎の牽引は首に痛みがない方にでも、丁寧にゆっくりと慎重に行います。

 一般的に人間の体は正中線と沿った縦に伸ばせば痛みが出にくく、気持ちがいいものです。

 この牽引を慎重に行わずに左右バキボキンとねじれば、殺法になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

スマホ症候群、女性の半分はストレートネックという見解も。

 スマートフォンの普及により、下を向いている時間が従来の携帯電話よりも長くなった人に起こる眼精疲労や肩こりなどの症状は、すでに「スマホ症候群」と呼ばれているのですね

 病名もコマーシャルのように、キャッチーな名前がどんどん付くようになりました(いいことなのか…? チャラい、アカデミックではない感じがしますが…)。

 現代の女性は、首の細さや首の筋肉の弱さのため頭の重さを支えきれず、斜角筋が短縮して、50%がストレートネックではないかとも言われています。

 下を向いて頭が前に倒れると、頚椎の生理的前弯が減弱してストレートネックの状態になります。

 その姿勢が続けば前頚部の筋肉や、手を使う時の前胸部・腋窩・肩上部・上腕の筋肉が短縮し、目も酷使するので首から上の血流が悪くなり、肩こりや頭痛などの様々な不調に襲われます。

 スマホに集中して歩く時間が減り運動不足になれば、血行不良から便秘、肌荒れ、生理痛などの症状も悪化します。

 頭だけ使い糖質を欲してストレス食いでもすれば、体の酸化、老化が進みます。

 甘いトマトの見分け方が「トマトの表面に指を滑らせると止まってしまうもの」というのも、皮の下に糖が集まって硬くなるから、つまり人間の肌の老化・酸化と同じ様なことが起こっているからです。

 狩猟採集の生活の時代、人間は安定して糖質を摂ることができませんでした。

 農耕が始まり、米や麦、ジャガイモ、トウモロコシなどの炭水化物、でんぷん質が蓄えられるようになって、現代の日本人は炭水化物や糖質を摂り過ぎる傾向にあります。

 動かずに下を向いてスマホばかりを見ていては、頚椎が変形し、老化がすすみ、太ります。

 スマホにはいろいろなアプリの他に、使用時間が長いと“症候群”までついてくるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

病は①小腸経・膀胱経→②三焦経・胆経→③大腸経・胃経と進行する。

 東洋医学で病は、①表証→②半表半裏→③裏証と進行すると考えられています。

 表証は「皮膚や粘膜の症状、悪寒・発熱、項・腰・背・四肢関節などの身体痛」の段階です。

① 表証

 表証は太陽病とも言われます。

 手の太陽は小腸経、足の太陽は膀胱経です。

 上肢外側で尺側の小指から肩甲骨の周囲を巡り、耳の前側で顎関節後縁に終わるのが小腸経です。

 小腸経は膀胱経に連絡し、膀胱経は内眼角から頭部、背中と下り、足の第5趾外側爪根部に終わります。

 東洋医学では人間の体を四足歩行で考えますから、太陽のあたる「表」は上肢外側や背部ということになり、病気の最初の段階の「表証」は小腸経や膀胱経の症状に注目します。

 風邪の初期症状、背中がゾクゾクするような寒気や頭痛の状態は、小腸経や膀胱経の症状であるとも、表証であるとも言えます。

② 半表半裏

 表証と裏証の中間に「半表半裏」があります。

 上腹部の肋骨弓の際、横隔膜のあたりに張りや圧痛のある状態が半表半裏です。

 半表半裏は「少陽病」とも言われます。

 手の少陽は三焦経(上肢外側中央を上行し、眉毛外端に終わる)、それに続く経絡が足の少陽・胆経です。

 三焦経は胃を中焦とし、それより上の口から胃の入り口までが上焦、胃より下から肛門までが下焦です。

 半表半裏の状態は急性期からの移行期で、口が苦かったり、舌に白苔がついたりします。

 これは三焦のうちの上焦の症状ということになります。

 胆経は外眼角から側頭部を下行し、肋骨弓に沿って上腹部を外側に進みますから、横隔膜の前後の突っ張り感と胆経の緊張は一致します。

③ 裏証

 裏証は陽明病とも言われます。

 手の陽明は大腸経、足の陽明は胃経です。

 横隔膜を超えて腹部内臓の消化管まで病が進行した状態が裏証です。

☆ そしてさらに病が進行すれば…

 裏証の先、陽明病がさらに進めば「厥陰病」となります。

 足の厥陰が肝経、手の厥陰が心包経です。

 肝の病が進行して解毒も栄養の分配もできなくなれば、心臓の守りをする「心包」が機能しなくなり、心不全となって死に至ります。

 「心包」の実態は二アリーイコール冠動脈のことではないかと私は考えています。

 病の全体像をとらえた俯瞰的視野で「表証の段階で病の進行を止めること」を考えてみてください。

 肩こりや腰痛の方に施術をする時の、指圧やアロマテラピーの意義が見えてくるはずです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

「男のプッチンプリン」は(プリンではありません)豆腐売り場に置いてほしい。

 「男のプッチンプリン」、期間限定、プッチンプリン発売40周年記念、期待に胸が高鳴りました。

 ラベルには「おつまみ冷奴風」、おや、待てよ、あやしい予感がする…。

 小さく「醤油味ソース」、さらに小さく「しょうが香料使用」の文字も…。

 「このプッチンプリンは甘くありません」、「ネギ、シソ、しょうがは入っておりません」、うーん、事前に言い訳をしているような…。

 食べてみるとプリンではありません。

 これは豆腐売り場で売られるべき味です。

 「名称 洋生菓子」とありますが、声を大にして「違う」と、味覚が言っています。

 「豆乳プリン」のイメージで食べると、がっかりな味です。

 豆腐スイーツでもなく、これは豆腐のジャンルです。

 プッチン突起のついた容器に入れてプリンの名前を付けて売るなら、もっとプリンに味を近づけてほしいと思いました。

 せめて(ジンジャー風味の?これはなくてもいいか…)ビターなカラメルソースの豆乳プリンとか…。

 これで90kcalなら美味しい豆腐を食べます。

 これは豆腐です。「間違いない」「柔らかい」「やさしい」という味覚で表現しないグルメリポーター用語なら全て当てはまりそうですが…。

 ネガティブ情報だけでなく、「男の…」でポジティブ情報もあげておきます。

 meijiのレトルトカレー、「男の極旨 黒カレー(BLACK CURRY)」は、スパイシー中辛と銘打たれたチキンカレーで、焦がしにんにく油とマカの入った、お薦めの一品です。

 インカ帝国の元気の源・マカが入っていなかったとしても、スパイスの加減や旨味の深さなど、カレー専門店で出されても気づかないのではないかという味に仕上がっています。

 こちらは「男の…」とあっても女性にも食べてみてほしい、買い置きがあると食べたいものがない時にでもディナーになり得る美味しいカレーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

「體(たい)」、骨が豊か=体。

 先日、「體(たい)」という漢字を使った整体院の看板を車で通り過ぎながらながめて、『なるほど骨が豊かで体なんだ』と妙に感心しました。

 赤に近いオレンジ色の下地から浮き出すように、白で「體」が書かれていたように覚えていますが、筋肉や血液に包まれた白い骨のようで、象形文字にまでさかのぼれるような、文字のニュアンスを上手にとらえた看板でした。

 中国式の施術なのかなという気がしますが、どうでしょうか?

 「骨が豊か」な体は、筋肉もしっかりしているはずです。

 體という文字から想像するカラダには、むくみやしわがありません。

 体は體の略字ですが、「体」よりも「體」のほうが、はるかにゴージャスでリッチで健康的な感じがします。

 今朝のTBSテレビ『健康カプセル!ゲンキの時間』では、足のアーチ構造の衝撃への強さを、発砲スチロールで作った平らな橋とアーチ型の橋の上を、人が歩く実験で証明していました。

 大人の男性が歩いて折れてしまった発砲スチロールの平らな橋と同じサイズの発砲スチロールでアーチ型の橋を作ると、こちらは大人の男性が歩いても体重が分散されて折れませんでした。

 アーチ型の橋は平らな橋の4倍の強度があるそうです。

 昨日、30代の男性に指圧をして、足のアーチの崩れと急に太ったことと肩こりの関連を感じていました。

 爪先に体重を乗せて足のアーチを保つことは、骨が豊かな「體」、つまりは筋肉の引き締まった、血流の良い、健康なカラダを作ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

「ニュートリノが光より速い」は測定ミスと発表。

 「“ニュートリノが光より速い”とした実験結果はケーブルの接続不良による測定ミスだった」と、名古屋大学などの国際研究チームが正式に発表しました。

 イタリアや欧米の研究チームからはすでに否定されていたことでしたが、「物質が光の速さを超える」という画期的な実験結果が「ケーブルの接続不良」「測定ミス」によるものだったとは、何とも残念なことです。

 「光の速さは1秒間に地球を7周半」と子供の頃に植えつけられた情報は、その速さを超えるものがあると発表された時に、タイムマシーンと結びつきました。

 地球の自転を超光速で逆周すれば、過去に戻ることができるのではないか、あの原発事故の前に戻って、予備電源の用意ができるのではないか、たくさんの命を助けることができたり、あれやこれや、ロト6の結果を持って数日前に戻って数字を書き込んで買ってみたりなどとも…。

 光の速さでは地球から月まで2秒とはかからないそうですから、それだけでもロケットと比べて物凄い速度を持っていることがわかります。

 人間が光の速さで月まで移動すれば、ロケットでかかる以上の負担を体が引き受けなければいけないのかもしれません。

 まして光の速度を超えるとなると…。

 それでももしかしたら「ニュートリノは光の速さを超えているのだけれど、それを公にしてはいけない」というような決定がされていて、秘かにタイムマシーンの開発に向けての研究が始まっていたりなどとも…。

 タイムマシーンが現実のものになると、「歴史を変えてはいけない」というSF小説の世界のモラルを守るのは難しいと思いますから、夢は夢のままで、『置かれた場所で咲きなさい』ということなのですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

ボルダリング(フリークライミング)の前腕・深指屈筋のこり。

 昨日は飯能の生活の木薬草香園で「上肢の指圧とアロマ」の講座をしてきました。

 スポーツ後のマッサージを念頭に、腱鞘炎や関節炎がある時の患部をはずしていくタッチ、関節の隙間を拡げるオイルストレッチ、受ける側にまわってツボに入った時の感覚、痛がられたらその部位のストレッチをしてからもう一度圧してみるなど、実践的なテクニックの練習をしていただきました。

 自作のマッサージミュージックのCDを何も言わずにかけたら、「センセイの新しい曲か?」と質問していただけたので、とりあえず音楽を作って持っていくことは理解していただいているようです。

 実技中、自分の耳からメロディが消えて、タイミングだけが残った感じなので、『なかなか良いのではないか』と思いました。

 最近はビルの中でも岩場を作ってフリークライミングをするボルダリングができるようになりました。

 「昨日ボルダリングをしてきた」という生徒さんがいて、前腕内側中央やや手関節寄りが硬くこっていました。

 これは深指屈筋のこりで、深指屈筋の作用は四指の遠位指節間関節(DIP関節)を曲げることです。

 四指の先端で岩のとっかかりを探って確保し、懸垂力で体を引き上げて、さらに上の岩に手を伸ばして岩場を登っていったのでしょう。

 なかなか強い緊張に触れることがない部位なので、「なるほどぉ」と納得でした。

 また、「ピアノを弾く、ゴルフをする」という生徒さんの発達した上腕の筋肉と尋常ではない硬さの腋窩の詰まり具合からわかることは、「肘をよく使い、腋をしぼって上腕を強く内旋させている時間が長い」ということなので、内旋の時に働く腋窩の肩甲下筋を圧してみると跳び上がるほどの痛みがありました。

 いわゆる肩上部の肩こりはなく、以前腱鞘炎になったことがあるということなので、ピアノを弾く時には肘を使って手指の負担を減らすことを体が選択し、上腕が鍛えられたのでしょう。

 関節の動きは「関節よりも体幹に近い筋肉が受け持つ」ことを常に頭において、関節痛の患部を攻め続けるような施術はしないということも、このような関節の動きと筋肉の発達などとからめて診えるようになっていただきたいと思います。

 オイルストレッチ、アロマオイルトリートメントに使用したブレンドオイルは、ジャーマン・カモマイル1滴(青色の精油・鈍い痛みに)+サイプレス(炎症によるむくみの排出)1滴+スイートアーモンド油7.5ml+セントジョーンズワート浸出油2.5ml(赤色・関節炎に)の1%濃度でした。

 効能重視で香りと色は残念なブレンドでしたが、治療的なブレンドの一例として参考になれば幸いです。

 鋭い痛みを緩和するラベンダーとか、カモマイルと同じキク科という発想からイモーテル(ヘリクリサム)で腫れを抑えるとか、アレンジしてみてください。

 「疲れない姿勢、最小限の力を使う、正確にとらえる」をポイントにあげ、実技の後半には皆さんとても上達していました。

 しかし、いざ自分一人の判断で施術をするとなると、いつのまにか力が入り、猫背になり、自分では弱い刺激のつもりでも受け手にとっては強い刺激になっているものです。

 タッチを続けていけば、眠っている触圧覚がもっともっと開発され、より繊細な感覚を感じることができるようになっていきます。

 まずは一回の講座で一つでも感動があれば、それで十分です。

 毎日自分の体に触れて健康状態を把握するように努めれば、必ず触圧覚が磨かれて、他の人の体の情報も読めるようになっていきます。

 左右の上肢に二人で施術していただいた時の「いつのまにか空気を読んでタイミングを合わせている」こと、タイミングを合わせるには息を吐くことが大切、私の音楽のテンポも無駄にはなっていないことなど、感性の刺激となることはいろいろとありました(わからなかったかもしれないけれど、私はそれを見ていて凄いことだなぁと思いました)。

 何となくそれが良い時間だと思えたら、まずはそれでいいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

シンスプリント(Shin splints)の説明を検索してみると面白いことが(sprintで解説してたり…)。

 シンスプリント(Shin splints=脛骨過労性骨膜炎)をインターネットで検索してみると、スプリントを「短距離走、全力疾走」の「sprint」で解説しているブログやホームページをたくさん目にします。

 競馬のスプリンターズステイクスとか、車の名前とか、スプリンター(sprinter)には速そうなイメージがあるので、ランニングで下腿を痛めるシンスプリントを「sprint」が正しいと思うのは仕方がないような気がします。日本人ですから。

 「shin」の意味は①向こう脛②脛骨、「splint」の意味は①(骨折の時にあてがう)副木、添え木②腓骨です。

 「shin」の意味の「①向こう脛」は下腿前側を指しますが、シンスプリントは下腿内側(後側)下部3分の1に発症します。

 インターネットで検索した中には、シンスプリントの意味を「副木が脛に埋め込まれたような痛み」という名解説がありましたが、これはなかなか見事です。

 われわれは日本人ですから、シンスプリントというと短距離走が出てきてしまったり、LもRも区別がつかなくなってややこしいことになってしまいます。

 私はシンスプリントは脛骨と腓骨を意味し「下腿が痛む」ということでよいと思うのですが…。

 本当の語源ってわからないものなのでしょうか?

 ちなみに脛骨を指す英単語は「tibial」や「shank」もあって、使い分けるとなると難しそうです。

 シンスプリントには「Medial tibial stress syndorome」という言い方もあり、これを直訳すると「内側の脛骨のストレス症候群」ですから、こちらのほうが日本人にはわかりやすいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

右母趾屈曲痛+右下腿後側の痛み(シンスプリント)+大腿内外側痛、1分間に脈拍42。

 電話で奥様から聞いていたのは「足の痛みと大腿の痛み」です。

 本人(30代男性)に座位で問診をしながら触診をしていくと、右母趾には軽く屈曲させただけでも尋常ではない痛みがあります。

 ひどく腫れたようなことはないということでしたが、捻挫か骨折のレベルの痛みであることを頭に入れておきます。

 猫背で左肩甲下部の脊柱起立筋に強い緊張と痛みがありますが、腰痛や腰の張りははありません。筋肉は良く発達しています。

 伏臥位の指圧では、肩から背部、下肢後側に痛みを伴った強い筋緊張がありましたが、典型的な坐骨神経痛のようなものではなさそうです。

 仰臥位では大腿内外側に痛みを伴った強い筋緊張があり、大腿前側にも痛みを伴なう筋緊張がありました。

 足背・足底・中足骨を圧して痛がる様子はありませんでしたが、右母趾は軽く触れるだけにしました。

 上肢の指圧で橈骨動脈の脈拍が1分間に42でした。

 筋肉の発達や右母趾の屈曲痛、そしてそれをかばうような大腿の緊張などからスポーツのし過ぎに問題があることが想像されます。

 指圧の後でわかったのですが、7月に大会がある100kmマラソンの練習をしているとのこと、右下腿後側下部の内側に痛みがあることも、指圧の後で本人の口から聞きました

 普通の人が1分間に脈拍42であれば徐脈ですから治療が必要になりますが、マラソン選手の通常の脈拍は低いことが知られています。

 マラソン選手はトレーニングによって心肺機能が鍛えられて心臓が大きくなりますが病的な心臓肥大ではなく、これを「スポーツ心臓」と呼んでいます。

 持久力の必要なスポーツ選手の通常の脈拍は、鍛えられて大きくなったスポーツ心臓によって一般の人より低くなります。

 右下腿後側下部内側の痛みはマラソン選手に多い「シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)」でしょう。

 右母趾屈曲痛は疲労性骨折の可能性もあると思います。

 捻挫や屈筋腱の炎症だとしても、まずは安静、テーピングなどで固定して、走る練習をしないことが最善の治療法です。

 足のアーチの減弱がシンスプリントの原因となりますから、土踏まずのテーピングも有効です。

 長距離を走ることで、「母趾の屈曲→爪先で地面を蹴る→下腿後側の筋緊張」が繰り返され、脛骨下部の骨膜が擦れて炎症を起こしたのでしょう。

 大腿内外側の強い緊張は走る時に使われるだけでなく、下腿以下をかばうことの影響もありそうです。

 「治療法は練習を休んで安静にすることです」と私が言った時の彼のいたずらっ子のような笑顔から、おそらく7月の100kmマラソンに出場し、練習も休まないつもりであることを察しました。

 帰り際、玄関で靴を履く彼に、「痛みが強くなったら(レースを)棄権してください」とだけ忠告しておきました。

 この指圧の教訓を以下に記します。

① 奥さんの電話から想像できたこととはかなり違うことがある。

② 脈拍が40でもあわてない(マラソン選手かもしれない)。

③ (それシンスプリントだよ、早く言えよ)セラピストが問診で知りたい痛みを、本人が後から口にすることもある(シンスプリントは鈍痛であることが多いので、主訴とはならないこともあるのですね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

「アコースティック・ギター・マガジン6月号」のカラダ・メンテ講座。

 「アコースティック・ギター・マガジン(リットーミュージック)」6月号には、22ページにわたって“ギタリストのためのカラダ・メンテ講座”が特集されています。

 その内容は、ギタリストに多い腱鞘炎やばね指についての解説に続いて、ギタリストの体験談、治療法、ストレッチやエクササイズなどが丁寧に取材、編集されています。

 腱鞘炎の対処法の具体例として、足台を使ってギターのネックの角度を変えるなど、健康雑誌では語られない専門誌ならではの具体例が示されています。

 実際私も左手関節尺側に痛みが出た時に、椅子に座って足台を使うことでギター演奏が何とかできたという経験がありました。

 足台を使って左足を高くすることで、ネックの位置を高くすることができ、体からネックを遠ざけやすくなるので、手関節の屈曲と指の屈曲の角度を浅くすることができます。

 普通の健康雑誌ではなかなかない視点なので調べてみると、宮原鍼療所の宮原一浩先生が監修されてました。

 宮原先生はクラッシック・ギターの演奏をされ、腱鞘炎の経験もあって、音楽家の腱鞘炎の治療で有名です。

 「Fのコードが押さえられなくて」ギターをあきらめたという人は多いと思います。

 Fのコードフォームの、①示指を伸ばして全ての弦を押さえるバレー(セーハ)と、②薬指を屈曲させて5弦を押さえ、小指を屈曲させて4弦を押さえること、③その時の手関節尺側の強い屈曲、この3点はギタリストの腱鞘炎の原因となります。

 べテランのギタリストになるとバレーをせずに手関節の屈曲を浅くした簡略化したコードフォーム(6弦を母指で押さえるか、6弦は押さえない)を多用する人が多いのも、腱鞘炎があるかその予防や疲労軽減のためなのでしょう。

 母指をネックの裏側に当てて、バレーの示指を含めた四指で弦を押さえれば対立圧になるのでFのコードの音が安定しますが、この時には手指の屈筋を強く使うことになります。

 スター・ダスト・レビューの根本要さんは、御自分のギターをオーダーメードする時に標準モデルの97~99%くらいにスケールダウンしていると以前語っていました。

 この微妙な加減がとても大事なことで、毎日使う“職人”の道具というものは自分の手や体に合ったものであるべきです。

 そういう意味では大人サイズのピアノやギターで練習を始める子供も、本当は成長に合わせて楽器の大きさを変えていくことができればいいのですが…。

 ここまではギターに興味がなければ「わけのわからないことを…」ということになりそうなので、指圧・マッサージでも使える「アコースティック・ギター・マガジン」の特集にあった手の使い方の注意点をあげておきます。

 ギターの弦を押さえる側だけでなく、コード・ストロークなどで弦を弾くほうの手関節も、手関節の動きだけでは腱鞘炎になりやすいのです。

 体幹を使い、肩を使い、肘を使い、体全体に連動させて手関節を使うことで、前腕の腱や手指の腱への負担が軽減されます。

 これを手技療法の叩打法に置き換えれば、さらさらとした柳手のような手技も手指の動きだけでは腱鞘炎になりやすいということなのです。

 ギターのコードストロークと、様々な叩打法の手関節の動きは似ています。

 体幹から・肩から・肘から・手指を使えば、小手先のタッチにならず、腱鞘炎の予防にもなり、脳が感じた微妙なフィードバックを乗せた絶妙なタッチができるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

本態性振戦のトラウマ。

 体の具合が悪くてできないと思っていたグラウンドゴルフのプレーができたことが余程嬉しかったのか、本態性振戦で首が震える70代の女性が、知人からいただいたというゴマを小分けして持ってきてくれました。

 世間のしがらみで私が手配して一緒にプレーをしたグラウンドゴルフの日から3週間が過ぎていました。

 杖をついての散歩の途中でしたが、たぶんお話がしたかったのでしょう。

 「本態性というのは原因がわからないということだから、脳や頚椎に問題があるということではないんですよ」、本態性の意味を理解していなかったようなので、そうお話しました。

 緊張すると首が震えるということだったので「何かトラウマがあるのでは?」と聞いてみると、即座に「幼稚園の先生をしていた頃、読み聞かせの会で悲しいお話をしたことをお手伝いに来ていた若い女性に批判されたことが、とてもショックだった」のだとか。

 講師の先生も招いての読み聞かせの会終了後の反省会でのことのようです。

 御自分は専門の立場で、その若い女性は幼稚園教諭の資格がなかったことから、周りの目がある中で、「悲し過ぎるお話で子供たちが引いてしまって黙り込んでいた。題材としてふさわしくない」と、自分では納得の出来栄えの読み聞かせを批判され、思いがけずプライドを傷つけられたことに強いショックを受けたようです。

 それから首の震えが始まったということですから、整理して考えてみれば思い当たることにたどりつけるわけです。

 他にも若くしてお母様を亡くしていることなどが会話の中で出てきましたから、いろいろな心の傷みが溜まっていて、話をすることでデットクスをすることが必要なのだろうと感じました。

 この話をしている間、首は震えていませんでした。

 突然の訪問で、御自分から玄関の床に腰かけてのお話だったのですが、多少カウンセリングになったのか、「今度老人会でそういうお話をしてください」と言われました。

 『これといって何も話していないんだけど…』と思いつつ、自分ではいつもどおりに話したことを、後々になって「あの時こう言っていただいて…」と覚えていてくださったりする方がいるもので、しかしこちらはそのことを忘れていたりして…。

 鏡になって話す習慣がついているので、時々そんなことで喜んでくれる人がいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

TANITA電子塩分計しおみスプーン。

 K’sデンキの広告で「TANITA電子塩分計しおみスプーン(2380円)」を見つけました。

 2000回使い切りタイプで、60~80℃のスープや味噌汁などの塩分濃度が計れます。

 折りしも6月1日に厚生労働省から平成25~34年度に実施する「第2次健康日本21」が提示されました。

 その中で塩分摂取の目標値は1日8gに設定されています。

 WHOの目標値は1日5g、現在の日本人の塩分摂取量は1日10.6gだそうです。

 塩分摂取に関しては日本人は段階的な減塩しかできないと、厚生労働省は考えているようです(原発廃止へ向けての政府の対応とだぶって見えます)。

 「介護を受けず、寝たきりにもならず、制限なく健康な生活ができる」健康寿命の平均は、平成22年の調査で男性が70.42才、女性が73.62才だったそうです。

 健康寿命を都道府県で比較してみると、男性では愛知県の71.7才~青森県の68.9才、女性では静岡県の75.32才~滋賀県の72.37才までの開きがあります。

 平均寿命は男性が79.55才、女性が86.30才ですから、このデータからすれば日本人は晩年の10年前後を要介護か寝たきりで過ごすことになります。

 「電子塩分計しおみスプーン」の広告を上手いタイミングでK’sデンキは出したものです。

 健康寿命を延ばすためには塩分摂取の管理が不可欠です。

 塩分濃度を計って見たくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

頭頂部の指圧は下肢への刺激となる。運動野、体性感覚野の体部位局在性。

 「百会」は督脈経に属し、正中線上で前髪の生え際から頭頂部へ向かって5寸、耳の最も高い位置と正中線が交差する位置にあるツボです。

 「百会」はまた、膀胱経、三焦経、胆経が交わる交会穴でもあり、脳の障害や半身不随、不眠、薄毛など、血行促進や神経促通、リラックスのツボとしてその効果が知られています。

 百会の下にあるのは、おおよそ大脳の運動野にあたります。

 大脳の運動野は頭頂部中心に「足」の運動を指令する細胞があり、そこから左右の側頭部に向かって下肢、体幹、上肢、頚部、顔、咽頭と体の部位に指令を出す細胞が並んでいます。

 百会のツボ刺激が半身不随に効果があるのは、運動野の足を中心とした下肢への指令を送る脳細胞への刺激になるという理由があるのだと思います。

 百会が下肢後側の膀胱経、下肢外側の胆経と連絡していると考えられている理由も、頭頂部のツボ刺激による下肢麻痺への効果が知られていたからでしょう。

 運動野のすぐ後ろには体性感覚野が広がっています。

 体性感覚野は生殖器が頭頂部の中心にあって、そこから外側に向かって足から咽頭を越えて腹部までの感覚神経が集まってくるということも、リラックスポイント考える上で参考になります。

 頭部正中線の指圧は足や生殖器に影響し、下肢の麻痺やリラックスに効果があるということを、大脳運動野・体性感覚野の体部位局在性から考えてみてください

 運動野、体性感覚野の広い部分を手の神経が占めていること、人間にとっての手の重要性、タッチの重要性、側頭部の指圧で手の症状を緩和できるのではないかということなど、いろいろと考えてみてください。

 足へのタッチは足だけではなく頭にまでつながっていること、その逆も考えられること、タッチの世界観が広がってくるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

赤色色素(コチニール色素)アレルギー、口紅や赤い食品で発症。

 赤色の着色料「コチニール色素」で急性アレルギー症状が出る恐れがあるそうです。

 口紅やアイシャドー、頬紅などの化粧品の他、ハム、かまぼこ、イチゴ牛乳などにもコチニール色素が使われていることがあるそうです。

 現在国内の食品には使用できないことになっており、国内の添加物メーカーは低アレルゲン化した色素を開発・販売しているそうですが、輸入の食品や化粧品は要注意です。

 コチニール色素は中南米原産の昆虫「ヒラウチワサボテン」の雌を乾燥させたものから抽出した赤色色素だそうで、それを知っていれば輸入のハムやイチゴジュースなどは敬遠したくなります。

 今は使われていないそうですが、かつてはカンパリの色素にも使われていたそうで、赤い色をしたカンパリソーダは、ヒラウチワサボテンという虫も飲んでいたことになります(一気にオシャレな飲み物ではなくなりますね)。

 よく輸入化粧品が肌に合わないという話を聞きますが、アレルギーの原因となるタンパク質を含んでいることがあるのです。

 かゆみや呼吸困難などのアレルギー症状が出た時に、赤色の外国製の化粧品や食品で思い当たるものがあれば、コチニール色素によるアレルギーの可能性があるので使用を中止し、専門医へ受診してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »