« 老人心理、特定健診で肝炎の血液検査を勧める言葉の使い方で感じたこと。 | トップページ | 頭頂部の指圧は下肢への刺激となる。運動野、体性感覚野の体部位局在性。 »

2012年6月 1日 (金)

赤色色素(コチニール色素)アレルギー、口紅や赤い食品で発症。

 赤色の着色料「コチニール色素」で急性アレルギー症状が出る恐れがあるそうです。

 口紅やアイシャドー、頬紅などの化粧品の他、ハム、かまぼこ、イチゴ牛乳などにもコチニール色素が使われていることがあるそうです。

 現在国内の食品には使用できないことになっており、国内の添加物メーカーは低アレルゲン化した色素を開発・販売しているそうですが、輸入の食品や化粧品は要注意です。

 コチニール色素は中南米原産の昆虫「ヒラウチワサボテン」の雌を乾燥させたものから抽出した赤色色素だそうで、それを知っていれば輸入のハムやイチゴジュースなどは敬遠したくなります。

 今は使われていないそうですが、かつてはカンパリの色素にも使われていたそうで、赤い色をしたカンパリソーダは、ヒラウチワサボテンという虫も飲んでいたことになります(一気にオシャレな飲み物ではなくなりますね)。

 よく輸入化粧品が肌に合わないという話を聞きますが、アレルギーの原因となるタンパク質を含んでいることがあるのです。

 かゆみや呼吸困難などのアレルギー症状が出た時に、赤色の外国製の化粧品や食品で思い当たるものがあれば、コチニール色素によるアレルギーの可能性があるので使用を中止し、専門医へ受診してください。

|

« 老人心理、特定健診で肝炎の血液検査を勧める言葉の使い方で感じたこと。 | トップページ | 頭頂部の指圧は下肢への刺激となる。運動野、体性感覚野の体部位局在性。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤色色素(コチニール色素)アレルギー、口紅や赤い食品で発症。:

« 老人心理、特定健診で肝炎の血液検査を勧める言葉の使い方で感じたこと。 | トップページ | 頭頂部の指圧は下肢への刺激となる。運動野、体性感覚野の体部位局在性。 »