« 「體(たい)」、骨が豊か=体。 | トップページ | 病は①小腸経・膀胱経→②三焦経・胆経→③大腸経・胃経と進行する。 »

2012年6月11日 (月)

「男のプッチンプリン」は(プリンではありません)豆腐売り場に置いてほしい。

 「男のプッチンプリン」、期間限定、プッチンプリン発売40周年記念、期待に胸が高鳴りました。

 ラベルには「おつまみ冷奴風」、おや、待てよ、あやしい予感がする…。

 小さく「醤油味ソース」、さらに小さく「しょうが香料使用」の文字も…。

 「このプッチンプリンは甘くありません」、「ネギ、シソ、しょうがは入っておりません」、うーん、事前に言い訳をしているような…。

 食べてみるとプリンではありません。

 これは豆腐売り場で売られるべき味です。

 「名称 洋生菓子」とありますが、声を大にして「違う」と、味覚が言っています。

 「豆乳プリン」のイメージで食べると、がっかりな味です。

 豆腐スイーツでもなく、これは豆腐のジャンルです。

 プッチン突起のついた容器に入れてプリンの名前を付けて売るなら、もっとプリンに味を近づけてほしいと思いました。

 せめて(ジンジャー風味の?これはなくてもいいか…)ビターなカラメルソースの豆乳プリンとか…。

 これで90kcalなら美味しい豆腐を食べます。

 これは豆腐です。「間違いない」「柔らかい」「やさしい」という味覚で表現しないグルメリポーター用語なら全て当てはまりそうですが…。

 ネガティブ情報だけでなく、「男の…」でポジティブ情報もあげておきます。

 meijiのレトルトカレー、「男の極旨 黒カレー(BLACK CURRY)」は、スパイシー中辛と銘打たれたチキンカレーで、焦がしにんにく油とマカの入った、お薦めの一品です。

 インカ帝国の元気の源・マカが入っていなかったとしても、スパイスの加減や旨味の深さなど、カレー専門店で出されても気づかないのではないかという味に仕上がっています。

 こちらは「男の…」とあっても女性にも食べてみてほしい、買い置きがあると食べたいものがない時にでもディナーになり得る美味しいカレーです。

|

« 「體(たい)」、骨が豊か=体。 | トップページ | 病は①小腸経・膀胱経→②三焦経・胆経→③大腸経・胃経と進行する。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「男のプッチンプリン」は(プリンではありません)豆腐売り場に置いてほしい。:

« 「體(たい)」、骨が豊か=体。 | トップページ | 病は①小腸経・膀胱経→②三焦経・胆経→③大腸経・胃経と進行する。 »