« 資生堂「クレ・ド・ボー ボーテ ラ・クレーム」105万円、3個予約販売(ヒアルロン酸はニワトリのトサカからも作られている)。 | トップページ | クールビズの冷感タオルでアレルギー症状(せきぜんそくの指圧)。 »

2012年6月17日 (日)

妊娠15週、腰痛の指圧。

 妊娠15週の30代女性、今回の主訴は腰痛とふくらはぎの痛み、そして体のだるさです。

 つわりはまだあるものの対処法をつかんだようで、頻度は減ってきているようです。

 吐くことによってできた食道の炎症や胃炎も治りきっているわけではなく、調子の悪い時は胃をかばうように背中を丸めて旦那様の食事を用意していたとか…。

 玄関から入って来た時の歩き方が妊婦さんらしくなっていて、つまりは背中が沿って膝が伸びきらず小股で足が外側に出るおすもうさんのような歩き方です。

 座位の触診では腰椎の後弯が顕著で、後姿はおばあさんのようです。

 持ち歩いているという吐き気予防の飴を口に含んでの指圧です。

 仰臥位下肢の指圧から始めました。

 まず骨盤が開いてきて、胎児の位置が左下腹部に寄ってきていることがわかります。

 骨盤は右が下がっています。

 膝はやや外側を向き、伸びきらないようです。

 左中殿筋を圧すと神経の刺激の強いしびれるような痛みがあるようです。

 左ふくらはぎの外側を圧すと、左中殿筋にまでしびれるような痛みが走ります。

 骨盤の開きと腰椎の後弯した妊婦姿勢が上殿神経と脛骨神経(坐骨神経の延長)を圧迫しているようです。

 それでも前回よりは下肢及び全身のむくみは少ないようです。

 右足のふくらはぎ下部・アキレス腱周囲にも指圧をすると痛みとおもだるさがあるようです。

 下肢・上肢・顔・頭部・前胸部・と指圧をし、そして腹部にも軽く手掌で触れておきます。

 横臥位の指圧では腰のくびれの部分のツボ、左脊柱起立筋の「腎兪」とその外側の「志室」に痛みがありました。

 妊婦さんがたどりそうな体の変化をたどって腰痛になっているということだと思います。

 妊娠の経過は順調という感じがしました。

 自ら「社交的だ」と語り「それなのに誰と会う気も、何をやる気も起きない」ということですが、それは体を一番安静にしていい時期の本能的な心への指令なのではないかと思い、そう伝えました。

 旦那様を「(以前より)もっと好きになった」、なるほど、なるほど(それは、それは何よりでございます)。

 これも妊娠中の感情の変化の一つなのでしょう。

 つわりで辛い自分を置いて、釣りに行ってしまう旦那様を理解できるようになったというのですから、それは大きな心境の変化です。

 唇のカサカサは治らないようですが、ヒアルロン酸は臍帯にとられ、おなかの赤ちゃんにもとられているので無理もありません。

 赤ちゃんの老廃物まで腎臓で処理しなければならず、つわりが起きるのもだるいのも仕方がないことですが、おそらくその辛さからもそろそろ解放される時が近づいているという感じがしました。

 これから赤ちゃんが急速に成長していきますが、妊娠前よりも2kg痩せたということで、むしろ下肢のむくみは減っていて、体重が増えること、おなかが大きくなることへの心配はないでしょう。

 指圧後は腰が伸びて、膝の外側の開きもなくなり、妊婦さんなのかどうかわからない歩き方になりました。

 母体という宇宙と胎児という惑星の誕生と、妊娠から得た経験の中で心のステージが高くなっていく様子など、なんだか神様と対峙した時間のようでした。

|

« 資生堂「クレ・ド・ボー ボーテ ラ・クレーム」105万円、3個予約販売(ヒアルロン酸はニワトリのトサカからも作られている)。 | トップページ | クールビズの冷感タオルでアレルギー症状(せきぜんそくの指圧)。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妊娠15週、腰痛の指圧。:

« 資生堂「クレ・ド・ボー ボーテ ラ・クレーム」105万円、3個予約販売(ヒアルロン酸はニワトリのトサカからも作られている)。 | トップページ | クールビズの冷感タオルでアレルギー症状(せきぜんそくの指圧)。 »