« シンスプリント(Shin splints)の説明を検索してみると面白いことが(sprintで解説してたり…)。 | トップページ | 「ニュートリノが光より速い」は測定ミスと発表。 »

2012年6月 8日 (金)

ボルダリング(フリークライミング)の前腕・深指屈筋のこり。

 昨日は飯能の生活の木薬草香園で「上肢の指圧とアロマ」の講座をしてきました。

 スポーツ後のマッサージを念頭に、腱鞘炎や関節炎がある時の患部をはずしていくタッチ、関節の隙間を拡げるオイルストレッチ、受ける側にまわってツボに入った時の感覚、痛がられたらその部位のストレッチをしてからもう一度圧してみるなど、実践的なテクニックの練習をしていただきました。

 自作のマッサージミュージックのCDを何も言わずにかけたら、「センセイの新しい曲か?」と質問していただけたので、とりあえず音楽を作って持っていくことは理解していただいているようです。

 実技中、自分の耳からメロディが消えて、タイミングだけが残った感じなので、『なかなか良いのではないか』と思いました。

 最近はビルの中でも岩場を作ってフリークライミングをするボルダリングができるようになりました。

 「昨日ボルダリングをしてきた」という生徒さんがいて、前腕内側中央やや手関節寄りが硬くこっていました。

 これは深指屈筋のこりで、深指屈筋の作用は四指の遠位指節間関節(DIP関節)を曲げることです。

 四指の先端で岩のとっかかりを探って確保し、懸垂力で体を引き上げて、さらに上の岩に手を伸ばして岩場を登っていったのでしょう。

 なかなか強い緊張に触れることがない部位なので、「なるほどぉ」と納得でした。

 また、「ピアノを弾く、ゴルフをする」という生徒さんの発達した上腕の筋肉と尋常ではない硬さの腋窩の詰まり具合からわかることは、「肘をよく使い、腋をしぼって上腕を強く内旋させている時間が長い」ということなので、内旋の時に働く腋窩の肩甲下筋を圧してみると跳び上がるほどの痛みがありました。

 いわゆる肩上部の肩こりはなく、以前腱鞘炎になったことがあるということなので、ピアノを弾く時には肘を使って手指の負担を減らすことを体が選択し、上腕が鍛えられたのでしょう。

 関節の動きは「関節よりも体幹に近い筋肉が受け持つ」ことを常に頭において、関節痛の患部を攻め続けるような施術はしないということも、このような関節の動きと筋肉の発達などとからめて診えるようになっていただきたいと思います。

 オイルストレッチ、アロマオイルトリートメントに使用したブレンドオイルは、ジャーマン・カモマイル1滴(青色の精油・鈍い痛みに)+サイプレス(炎症によるむくみの排出)1滴+スイートアーモンド油7.5ml+セントジョーンズワート浸出油2.5ml(赤色・関節炎に)の1%濃度でした。

 効能重視で香りと色は残念なブレンドでしたが、治療的なブレンドの一例として参考になれば幸いです。

 鋭い痛みを緩和するラベンダーとか、カモマイルと同じキク科という発想からイモーテル(ヘリクリサム)で腫れを抑えるとか、アレンジしてみてください。

 「疲れない姿勢、最小限の力を使う、正確にとらえる」をポイントにあげ、実技の後半には皆さんとても上達していました。

 しかし、いざ自分一人の判断で施術をするとなると、いつのまにか力が入り、猫背になり、自分では弱い刺激のつもりでも受け手にとっては強い刺激になっているものです。

 タッチを続けていけば、眠っている触圧覚がもっともっと開発され、より繊細な感覚を感じることができるようになっていきます。

 まずは一回の講座で一つでも感動があれば、それで十分です。

 毎日自分の体に触れて健康状態を把握するように努めれば、必ず触圧覚が磨かれて、他の人の体の情報も読めるようになっていきます。

 左右の上肢に二人で施術していただいた時の「いつのまにか空気を読んでタイミングを合わせている」こと、タイミングを合わせるには息を吐くことが大切、私の音楽のテンポも無駄にはなっていないことなど、感性の刺激となることはいろいろとありました(わからなかったかもしれないけれど、私はそれを見ていて凄いことだなぁと思いました)。

 何となくそれが良い時間だと思えたら、まずはそれでいいんです。

|

« シンスプリント(Shin splints)の説明を検索してみると面白いことが(sprintで解説してたり…)。 | トップページ | 「ニュートリノが光より速い」は測定ミスと発表。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルダリング(フリークライミング)の前腕・深指屈筋のこり。:

« シンスプリント(Shin splints)の説明を検索してみると面白いことが(sprintで解説してたり…)。 | トップページ | 「ニュートリノが光より速い」は測定ミスと発表。 »