« 頭頂部の指圧は下肢への刺激となる。運動野、体性感覚野の体部位局在性。 | トップページ | 本態性振戦のトラウマ。 »

2012年6月 3日 (日)

TANITA電子塩分計しおみスプーン。

 K’sデンキの広告で「TANITA電子塩分計しおみスプーン(2380円)」を見つけました。

 2000回使い切りタイプで、60~80℃のスープや味噌汁などの塩分濃度が計れます。

 折りしも6月1日に厚生労働省から平成25~34年度に実施する「第2次健康日本21」が提示されました。

 その中で塩分摂取の目標値は1日8gに設定されています。

 WHOの目標値は1日5g、現在の日本人の塩分摂取量は1日10.6gだそうです。

 塩分摂取に関しては日本人は段階的な減塩しかできないと、厚生労働省は考えているようです(原発廃止へ向けての政府の対応とだぶって見えます)。

 「介護を受けず、寝たきりにもならず、制限なく健康な生活ができる」健康寿命の平均は、平成22年の調査で男性が70.42才、女性が73.62才だったそうです。

 健康寿命を都道府県で比較してみると、男性では愛知県の71.7才~青森県の68.9才、女性では静岡県の75.32才~滋賀県の72.37才までの開きがあります。

 平均寿命は男性が79.55才、女性が86.30才ですから、このデータからすれば日本人は晩年の10年前後を要介護か寝たきりで過ごすことになります。

 「電子塩分計しおみスプーン」の広告を上手いタイミングでK’sデンキは出したものです。

 健康寿命を延ばすためには塩分摂取の管理が不可欠です。

 塩分濃度を計って見たくなりました。

|

« 頭頂部の指圧は下肢への刺激となる。運動野、体性感覚野の体部位局在性。 | トップページ | 本態性振戦のトラウマ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TANITA電子塩分計しおみスプーン。:

« 頭頂部の指圧は下肢への刺激となる。運動野、体性感覚野の体部位局在性。 | トップページ | 本態性振戦のトラウマ。 »