« 60代女性、主訴は右肩こり、肝の硬さ、口臭、顔色の青黒さと骨盤から下肢外側のむくみが気になった症例。 | トップページ | 後脛骨筋のエクササイズで足のアーチを保ち足首を細くする。 »

2012年7月 3日 (火)

埼玉医大肥満専門外来、朝食をマイクロダイエットにして5kg減量した女性。

 埼玉医大の肥満専門外来で夕食をマイクロダイエットにするようにと処方された女性、夜は家族と食事をしたいからと朝食にマイクロダイエットのプロテインを飲んで5kg痩せたそうです。

 埼玉医大の肥満専門外来は「内分泌 糖尿病 代謝」の診療科に属しているので、生活習慣病のハイリスクが指摘されている人が対象になりますから、ちょっと太めくらいの女性では相手にしていただけないと思います。

 担当の先生は一人なので、肥満外来は予約制で、大変込むそうです。

 マイクロダイエットが処方されれば、市販の半額で購入できるようです。

 マイクロダイエットの広告の動画では500以上の専門機関で研究されているとありますから、埼玉医大もその一つなのでしょう。

 保険診療にはなっていないようですが、研究のために会社がマイクロダイエットを半額で提供しているということのようです。

 マイクロダイエットは1食170kcalで、50種類の栄養素を含んでいます。

 カロリーを制限するとどうしても栄養素が足りなくなるのですが、イギリス サリー大学の栄養学博士ジャクリーヌ・ストゥーディ女史の研究チームが1983年に開発したというマイクロダイエットは、低カロリー・高タンパクで豊富な栄養素を含んでいます。

 脂肪を1kg減らすのに7000kcal減量する必要があり、マイクロダイエットを食事に置き換えれば1日マイナス1000kcal×7日で体重(脂肪)1kg減を目指しやすい設定になっています。

 (脂肪1gは9.3kcalのエネルギーになりますから、9300kcal減らさなければ脂肪1kgは減らないことになりますが、成人女性で1日の基礎代謝が1200kcal、成人男性で基礎代謝が1500kcalありますから、基礎代謝を低下させないこと、運動をすることでもっと痩せそうです。

 基礎代謝を低下させるのは睡眠、飢餓、低体温ですから、眠り過ぎ、食べないダイエット、冷え症は太るということですね。)

 普通食を500kcalにおさえることがコツのようで、2食をマイクロダイエットに置き換えれば1日の摂取カロリーが840kcalで、1食はタンメンくらいのカロリーなら食べることができます。

 味が10種類くらいあって以前のプロテインと比べると美味しいそうです。

 5kg減量できても頚と肩が痛い、腰が痛い、膝が痛い、右足底が痛いということで指圧にいらっしゃいました。5kgの減量ではまだまだ体重の負荷が大きいようです。

 指圧+ストレッチ+徒手牽引で痛みは治まりましたが、やがてまた体重の負荷が腰から、膝、足底へとかかり、坐骨神経に沿ったしびれをもたらします。

 先生の処方どおり夕食をマイクロダイエットに置き換えたほうが痩せるでしょうと申しあげましたが、さてできるかどうか…。

 以前、若い頃のアイドル歌手のような写真を見せていただきましたが(その時はどういうセクハラなんだと思いましたが…)、大事にその写真を持ち歩いているなら痩せたい願望も強いはずですから、きっと腰や膝が楽になるくらいのダイエットに成功するでしょう。

 マイクロダイエット、値段が高いだけによくできています。そして肥満外来で処方されれば半額で買えるんですね!

|

« 60代女性、主訴は右肩こり、肝の硬さ、口臭、顔色の青黒さと骨盤から下肢外側のむくみが気になった症例。 | トップページ | 後脛骨筋のエクササイズで足のアーチを保ち足首を細くする。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉医大肥満専門外来、朝食をマイクロダイエットにして5kg減量した女性。:

« 60代女性、主訴は右肩こり、肝の硬さ、口臭、顔色の青黒さと骨盤から下肢外側のむくみが気になった症例。 | トップページ | 後脛骨筋のエクササイズで足のアーチを保ち足首を細くする。 »