« 中性脂肪300mg/dlが200mg/dlに。 | トップページ | iPS細胞の実用化と免疫能力の活性に貢献する指圧・マッサージの両輪で健康の回復を。 »

2012年10月 8日 (月)

川越市の中学校の運動会で軽トラック暴走事故。

 昨日は深夜から雨でした。

 川越市の中学校では地元自治会主催の運動会で軽トラックが暴走し、4人の怪我人が出る事故が起きました。

 昨日は私も世間のしがらみで運動会の準備のために慣れない軽トラックを運転していました。

 ぬかるんだグラウンドで徐行していましたが軽トラックはスリップもしました。

 川越市とは20kmほど離れていますが気象条件はほぼ同じだったと思います。

 事故を起こしたのは60才の女性だということですが、アクセルをふかしてぬかるみを抜けようとしたというので運転は得意ではなかったのでしょう。

 事故の起きた中学校ではグラウンドから体育館に場所を移して運動会を開催していたということです。

 一方私の町主催の運動会では、雨の中でグラウンドにテントを設営し、雨の中で入場行進をしラジオ体操をして、グラウンドはグチャグチャになり、結局雨は止まず、プログラムを3つほど終えたところで、運動会は中止になりました。

 何でしょう、この見通しの甘さは。

 グラウンドの状態からいえば、普段運動をしない人たちが走ったり、綱引きをするなどしたら怪我人を作るようなものです。

 私も綱引きの練習に参加して準備をしてきましたが、セラピストは綱引きなどしてはいけません。

 浮世の義理で率先してやらねばならなかったという事情はありますが、セラピストでなくても町主催の運動会で「素手で綱を引け」などという本式にこだわるのはどうかと思います。

 美容師さんだって、調理師さんだって、手が命です。

 そんな体育会系の考えで仕切ろうとするから、雨の中、大人も子供たちも、震えながらいつまでも始まらない入場行進に整列して待機することになるのです。

 風邪を引いた人だっていると思います。

 朝6時にテント張り、雨の止むのを待って午後3時にテントの撤収、軽トラックはスリップしましたが、暴走することもなく、事故のニュースを今朝知ってドキッとさせられました。

 綱引きをせずにすんだのはラッキーで神様に感謝ですが、主催者の中止の判断の遅さで1日が潰れて、昨日はいらない労力を使った感があります。

 今回のことについては、後々のために細かい点まで提案書を作成し、主催者につきつけてこなければと思っています。

 雨の中にいたからか、テントのほこりでか、喉が多少いがらっぽいのですが、昨日はブチ切れずに作り笑顔のまま過ごせたので、タフになったのか、鈍感になってきたのか…。

|

« 中性脂肪300mg/dlが200mg/dlに。 | トップページ | iPS細胞の実用化と免疫能力の活性に貢献する指圧・マッサージの両輪で健康の回復を。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越市の中学校の運動会で軽トラック暴走事故。:

« 中性脂肪300mg/dlが200mg/dlに。 | トップページ | iPS細胞の実用化と免疫能力の活性に貢献する指圧・マッサージの両輪で健康の回復を。 »