« ぎっくり腰の往療の判断。 | トップページ | 指圧をして指が痛くなる時のチェックポイント。 »

2012年10月17日 (水)

指圧の継続により腹部振水音の明らかな減少。

 肩こりが主訴の60代女性に2週間おきに指圧をして、昨日が9回目でした。

 肩こりは生活に支障のないレベルに緩和されています。

 腹部の指圧のたびに気になっていた振水音が、昨日は背中の指圧で音を立て(動き始め)、おなかの指圧では最後の腹部掌圧で振動をかけるまで振水音はありませんでした。

 今までは腹部の指圧の時に胃でチャポチャポと音を立てていましたが、昨日は下腹部までは水が動いていたことになります。

 慢性胃炎があって大腸での水の吸収にも問題を感じるおなかでしたが、9回の全身指圧でだんだんと胃腸の働きが良くなってきたようです。

 また、左肩上がりで脊柱が右に側弯しているのは、右のお尻に体重をかけて座っている姿勢に問題があると考えられます。

 左肩、左上肢は使わな過ぎのようなので、左肩、左上肢を動かすことも大切ですが、右のお尻の下に4つ折りくらいにしたタオルを当てて“ジャッキアップ”すれば、結果として左肩が下がり脊柱の矯正ができそうです。

 脊柱の側弯が解消されれば、下腹部の振水音も消えるのではないかと期待しています。

|

« ぎっくり腰の往療の判断。 | トップページ | 指圧をして指が痛くなる時のチェックポイント。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指圧の継続により腹部振水音の明らかな減少。:

« ぎっくり腰の往療の判断。 | トップページ | 指圧をして指が痛くなる時のチェックポイント。 »