« 頚椎手術後左肩痛、上肢のしびれ、頚部、背部痛。 | トップページ | 氷の張った湖面を歩くようなタッチ、それは薄氷かもしれないと常に思うこと。 »

2012年10月13日 (土)

リストラのストレスで肩こり、頭痛と蕁麻疹。

 30代女性、いつもとは違う平日の金曜日に指圧にいらしゃったので「今日仕事はお休みですか?」とお尋ねしたところ、会社は整理されて先月末に仕事を辞めた(辞めさせられた)のだということでした。

 会社は縮小して存続するそうですから、いわゆるリストラです。

 勤務していた支社をたたむ2週間前に通達されたそうですから何かと問題がありそうです。

 ハローワークに出かけてもなかなか思うような転職先は見つからないようで、深刻な雰囲気やネガティブな空気が漂うハローワークに何回か通ったら、蕁麻疹が出たそうです。

 すでに蕁麻疹は消えていましたが、顔色はいつもより白く、手足は冷え、肩から腰にかけて筋肉が硬くなっていて、3日前から締め付けられるような頭痛に悩まされているそうです。

 伏臥位になると体が右に傾いています。

 骨盤が右外側に突出し、下がってもいます。

 「体の右半身の緊張→肝機能の衰えと蕁麻疹」ということも頭に入れて指圧を始めます。

 側頚部の斜角筋群は左右ともにこっています。

 左肩から左上肢外側のこりも右と同等な感触です。

 右骨盤の傾きがありますから、左肩との対角線でバランスをとらざるを得なかったということがありそうです。

 上半身はまんべんなくこっていて、下半身はむくんでいました。

 仰臥位の指圧では右大腿外側の緊張が強く、回転・回旋のストレッチでは両股関節の動きがとてもぎくしゃくしたものになっていました。

 足の冷えは運動不足による下肢の使わな過ぎによるものです。

 よく眠っていたので、上肢の指圧に移る頃にはすでに手が温かくなっていました。

 目の周囲の指圧、前頭筋から頭頂部の指圧、側頭筋と耳・耳周囲の指圧、後頚部から後頭骨際・後頭筋の指圧、顎関節周囲の指圧、側頚部、前頚部の指圧と「頭痛の指圧」を行いました。

 腹部では右腹直筋の緊張が顕著でした。しかし肝の硬さはなかったので、ストレスによる蕁麻疹が治まってきた腹証だろうと思いました。

 全身指圧後、顔がピンク色になりました。

 以前からあまりよろしい会社とは思えないお話をうかがっていたので、そんな会社の業績が低下していくのは無理もないことです。

 ストレスは遥か遠くまで放り投げておきましたから「もっと良いことがある」と期待していてほしいと思います。

|

« 頚椎手術後左肩痛、上肢のしびれ、頚部、背部痛。 | トップページ | 氷の張った湖面を歩くようなタッチ、それは薄氷かもしれないと常に思うこと。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リストラのストレスで肩こり、頭痛と蕁麻疹。:

« 頚椎手術後左肩痛、上肢のしびれ、頚部、背部痛。 | トップページ | 氷の張った湖面を歩くようなタッチ、それは薄氷かもしれないと常に思うこと。 »