« 往療で注意すべき環境のこと、換気、ほこり、庭、仏壇の花。 | トップページ | 孤独死の後始末で肩こり、下肢のしびれ。 »

2012年11月 8日 (木)

映画「天のしずく」見てきました。

 冒頭のシーンから、手間をかけてすること、「普通のことが素材の求め方で特別なものになる」ということを考えさせられます。

 里芋の葉に降りた朝露を集めてそれで…。

 うっかりこれを読んでしまった方の映画から受けるはずの感動が減ってしまうと残念なので詳細を書いてはいけないと思いますが、老若男女どなたにでも見てほしい映画です。

 食育ということだけでなく、土の美しさ(その土が美しいことをはっきりとわからせるとても丹念なフィールドワーク)、食材をスクリーンの大画面で見た時に言葉や文字を超えて語りかけてくるもの、木火土金水の五行の世界で生きている、生かされているということ、いろいろな思いが頭の中を駆け巡りました。

 泣けます。

 タッチのヒントを少なくとも3ヶ所で気づいてください。

 辰巳芳子さんの幼い頃の記憶、お母様に体を洗ってもらう時は他の人と比べて安心して体をまかせられたということ(工程が明確で、タッチそのものが侵害的なものではなかったということです)。

 鍋との距離が近いこともタッチのヒントになります。

 手を重ねることとか…。

 見て得ることの多い映画です。

 食も触も愛です。

|

« 往療で注意すべき環境のこと、換気、ほこり、庭、仏壇の花。 | トップページ | 孤独死の後始末で肩こり、下肢のしびれ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「天のしずく」見てきました。:

« 往療で注意すべき環境のこと、換気、ほこり、庭、仏壇の花。 | トップページ | 孤独死の後始末で肩こり、下肢のしびれ。 »