« 185年前の『按腹図解』でも未熟な手技療法の乱立を嘆いている。 | トップページ | 小野寺殿点(食道から十二指腸の病気の圧痛点)、腸骨稜外側下3cm。 »

2012年12月15日 (土)

乳腺炎→嘔吐を伴う下痢→つわり(妊娠2ヶ月)。

 授乳中のお子さんもいる2児の母30代女性、「つわりがひどい」とのこと、3人目の妊娠おめでとうございますなのですが、指圧に来るにも上の子を幼稚園に出して旦那様の休みのタイミングに合わせて、下の子を連れてなので大変です。

 眠たいところを連れ出されて、下のお子さんは車の中で泣いています。

 今回の妊娠でのつわりは今までよりも早く、重く、隣の家の調理の臭いでもトイレに駆け込むようだということです。

 つわりの症状の前には吐き気を伴う下痢をしたこともあったようで、もしかしたらそれはノロウイルスによる急性胃腸炎だったかもしれません。

 ノロウイルス感染症の検査は65才以上と2才以下を除いては保険適応外なので原因の特定をされていない患者が多く、現在発表されているノロウイルス感染者数を大幅に上回る流行をしていると考えられます。

 嘔吐と下痢の前には左の乳腺炎にもなっていたようです。

 子育てに費やす心身の疲労はその頃から溜まりに溜まっていて、免疫力が落ち、感染症に罹りやすい体調ではあったようです。

 レモンとペパーミントのアロマミストでお迎えしたところ施術中の吐き気の訴えは一度もありませんでした。

 強い寒気の訴えがあったので、座位の触診はやめて仰臥位下肢の指圧から始めました。目の周りが腫れぼったくむくんでいます。

 症状の軽い胃腸症状の場合は背部から遠回りに施術をしたほうが順を追って効果が感じられるのでいいのですが、施術中に吐くかもしれないという時は仰臥位から施術をしないと…です。楽な姿勢から始めてください。

 冷えた足先は電気ストーブで温めながら指圧を行いました。

 出産後は子育てに追われて、前回指圧をしてから一年以上間が空いています。

 骨盤の開きが出産後ずっと気になっていたようですが、妊娠2ヶ月の骨盤ということを考えればこれくらいでもいいかなと思いました。股関節は柔軟です。

 大腿前側の指圧で小さく音を立てて胃腸が動きました。

 左肩上部の指圧では、乳腺炎の影響や抱っこの姿勢が多いこともあって軽い母指圧でも強い圧痛があるようでした。

 妊娠中の指圧は「圧痛がある部位」や「よく効くといわれているツボ」には弱い刺激をしてください。

 特に妊娠初期や出産間近に大きなデトックス作用を起こすような刺激は禁忌です。

 左前腕「手三里」にも強い圧痛があります。これは抱っこの時に手関節を背屈し橈屈してお子さんの体を支えているからのようです。

 右手掌の母指球、小指球にむくみがあります。

 手関節に詰まりがあると思われるので「ペットボトルの蓋は開けられますか?」と尋ねると、服の裾で包んで回してやっと開けているのだとか。左腕はきっとその時も抱っこなのでしょう。

 妊娠→エストロゲンの減少→腱鞘炎の図式が当てはまります。

 吐き気止め・酔い止めのツボとされる「内関(手関節掌側中央遠位2寸)」にも軽い母指圧で圧痛がありました。

 これは抱っこの姿勢での肩関節内転・内旋もあり、内関の心包経という経絡を考えると(私は心包を冠動脈と考えています)循環器系の衰えも感じます。

 抱っこや疲労の蓄積ということから体の姿勢を考えれば、脳梗塞の麻痺でハンドロールを握らせる必要がある時のように、手指を屈曲させて力のない胎児の形に近づいていると言ってもいいと思います。

 目の周囲のむくみはありましたが、頭のむくみはなく、のぼせてもいませんでした。

 腹部の指圧では胃に軽い動悸がありました。

 「炭酸水は胃に沁みて今回の妊娠では飲みたくない」ということですから、胃炎はありそうです。

 妊娠2ヶ月でおなかの膨らみもほとんど感じられず、突き上げてくるような胎動はありませんでした。腹部には軽い手掌圧と母指の先端をそろえて片方の指紋部にだけ圧をかける母指圧を行いました(圧すというよりは当てて持続します)。

 続いて横臥位の背部の指圧、これが今回のポイントだと思いました。

 出産、子育て、妊娠と休む暇のない毎日です。

 「ファミレスでいいから2時間でも一人になる時間があれば全て治るかもしれないですねぇ」と言ってみたところ「昨日は体が辛すぎて泣いた」のだとか(それで今日指圧に連れてきてもらえたのですね)。

 自律神経が乱れ、交感神経の優位が常となり、背部のこりはずっと続いていたのでしょう。寝る時も両サイドにお子さんがいて体を硬くして寝ているようです。

 指圧前にトイレ、指圧後にトイレ、体全体のむくみが冷えの原因の一つだと思います。

 手足はいくらか温かくなりました。積み重ねてきた疲労と妊娠初期であること、最近の寒さを考えるとあまり間を置かずに何回か指圧をしたいところです。

 それでも前回の妊娠ほどはむくんでいません。

 お子さんも泣いていたのは始めだけで、お父さんと外でボール遊びをしていました。

 ファミレスで一人の2時間よりは、指圧の1時間のほうがそれは効果があったと思います。

 

|

« 185年前の『按腹図解』でも未熟な手技療法の乱立を嘆いている。 | トップページ | 小野寺殿点(食道から十二指腸の病気の圧痛点)、腸骨稜外側下3cm。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乳腺炎→嘔吐を伴う下痢→つわり(妊娠2ヶ月)。:

« 185年前の『按腹図解』でも未熟な手技療法の乱立を嘆いている。 | トップページ | 小野寺殿点(食道から十二指腸の病気の圧痛点)、腸骨稜外側下3cm。 »