« 花粉症、内眼角のただれ(皮膚炎)。 | トップページ | 80代女性、転んで左手をついて左前胸部から左上肢が痛い。 »

2013年3月18日 (月)

花粉症、疲れ目対策。上瞼外側の涙腺を指圧で刺激する。

 目が充血したので、疲れ目用の目薬を差してみました。

 久しぶりに目薬を差したら喉に薬の味が下りてきました。

 正しい目薬の差し方は、目をしばらく閉じるか、さらに目頭を圧迫します。

 いい加減な差し方だったから上瞼と下瞼の内側にある涙点から鼻小管、そして咽喉まで目薬が流れ下りてきたのですね。

 涙腺は上瞼外側の眼窩の中にあります。

 ドライアイはサラサラの漿液である涙が不足して目が乾燥します。

 パソコンなどの画面や車の運転時の「見つめ過ぎ」、瞬き不足、強風や乾燥した環境もドライアイの原因になります。

 目の周囲の指圧では眼窩の縁に沿って眼輪筋を刺激し、上瞼外側の涙腺と目の内側にある上下の涙点にも意識をして圧をかけます。

 上瞼外側のツボは三焦経の「絲竹空(しちくくう)」、内眼角のツボは膀胱経の「睛明(せいめい)」です。

 母指と示指の間で示指橈側の大腸経のツボ「合谷(ごうこく)」も「顔目の特効穴」です。

 血行促進の指圧と目薬を併用して、花粉の飛散がピークで強風も多いこの時期の花粉症、疲れ目対策をしていきましょう。

|

« 花粉症、内眼角のただれ(皮膚炎)。 | トップページ | 80代女性、転んで左手をついて左前胸部から左上肢が痛い。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症、疲れ目対策。上瞼外側の涙腺を指圧で刺激する。:

« 花粉症、内眼角のただれ(皮膚炎)。 | トップページ | 80代女性、転んで左手をついて左前胸部から左上肢が痛い。 »