« 今夜は十五夜で満月。中秋の名月と十五夜は一致しないことが多い。 | トップページ | ペインクリニックでの腰痛のIMS療法、神経ブロック注射、SCS療法。 »

2013年9月20日 (金)

「柔軟剤の臭い」の相談が国民生活センターで急増のニュース。

 「咳が止まらない」、「頭痛がする」など、柔軟剤の臭いによる健康被害等の相談が国民生活センターで急増しているというニュースが報道されました。

 「隣人の洗濯物で」、「同僚の服の」など、柔軟剤の臭いは生活や仕事場でのストレスになることがあります。

 嗅覚は慣れによって臭いに鈍感になっていきます。

 香水も精油も、使い過ぎれば周りの方に「香り」ではなく「嫌な臭い」と感じさせてしまうことがあります。

 合成の香料を使用した柔軟剤の臭いは、天然自然のアロマオイルと比べて「尖った臭い」がします。

 アロマテラピーで「良い香りの中にはクサイ臭いの香り成分も混ざっている」ことを教わった方も多いのではないかと思います。

 刺激に慣れていくと刺激量が適量を超えて過剰になっていく、これは触圧覚の刺激も、嗅覚の刺激も同じです。

 気をつけたいと思います。

 奥ゆかしいという言葉があります。

 秘すが花という言葉があります。

 ほんのり香るかすかな香りにハッと心を奪われることがあります。

 デパート1階の化粧品売り場では、香りがにぎやか過ぎて、ぶつかり合って、なかなかそういう感覚は起こりません。

 足し算がいいとは限らないということです。

|

« 今夜は十五夜で満月。中秋の名月と十五夜は一致しないことが多い。 | トップページ | ペインクリニックでの腰痛のIMS療法、神経ブロック注射、SCS療法。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「柔軟剤の臭い」の相談が国民生活センターで急増のニュース。:

« 今夜は十五夜で満月。中秋の名月と十五夜は一致しないことが多い。 | トップページ | ペインクリニックでの腰痛のIMS療法、神経ブロック注射、SCS療法。 »