« 台風18号。 | トップページ | 肩こり、めまい、首から上の小刻みなふるえ。 »

2013年9月17日 (火)

台風一過の朝。

 昨日の台風での避難指示は、京都の桂川沿いだけでも住民27万人が対象となり、全国では50万人が対象となったそうです。

 こちらでは台風が通過した昼頃に風が強くなりました。

 午後2時過ぎには風雨も止みましたが、夜の7時過ぎに吹き返しのような強風が吹き、これが一番強い風だったので油断はできませんね。

 避難しろと言われても、風雨と濁流と水に浸かった家や車の映像をテレビで見ると、家にいたほうが安全な場合もありそうなので判断は難しそうです。

 今朝日の出の頃の外は空気が冷たくて、道路には木の枝が散乱していました。

 霞がかかっていましたが筑波山の稜線が澄んだ空気の中に浮かんで、日の出の時間が5時半近くになり、日の昇る位置が東南の方向にずれて、台風一過でいよいよ秋が深まっていきます。

 台風や竜巻の被害に遭われた方は、片付けの疲労や心労でお疲れのことでしょう。

 朝晩の冷えを我慢しないで、重ね着をして、体力の消耗と風邪の侵入を防いでください。

 痛みにとらわれてそこに意識を集中すると、痛みが強くなっていきます。

 たいていの痛みは、忘れている時に自然に消えていきます。

 痛みを確認しないことが大切です。

 痛みを忘れる時間、大好きなことに集中する時間、それが自然治癒力を高める薬になります。

|

« 台風18号。 | トップページ | 肩こり、めまい、首から上の小刻みなふるえ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過の朝。:

« 台風18号。 | トップページ | 肩こり、めまい、首から上の小刻みなふるえ。 »