« 足趾の屈曲と足内側のアーチ、外反母趾と下腿後側深部の筋肉の関係。 | トップページ | 木登りは外反母趾を改善する足の使い方。 »

2013年10月 9日 (水)

足の内側アーチを作るボールを使ったエクササイズ。

 下腿後側深層の長趾屈筋、後脛骨筋、長母趾屈筋は足の底屈+内反(回外)、足趾の屈曲に働きますから、これらの筋肉を鍛えると足の内側のアーチが強化されて外反母趾の改善につながります。

 ボールを使った足底屈+内反、足趾屈曲のエクササイズを紹介します。

 私はボールの表面が滑りにくいバスケットボールを使っていますが、バランスボールくらい大きなものでもできます。

 立位でテーブルなどに片手をついて体を安定させ、足は肩幅くらいに開き、ボールは体の中心を通る正中線の30cmくらい前の床に置きます。

 まず右足から、ボールの頂点に土踏まずがくるように、足底と足趾をピタリとボールに密着させて、足趾を屈曲させてボールの表面をつぶしたまま、ボールを外側に傾けて、足を内反(回外)させます。

 ボールを地球として体は日本と向かいあっているとすると、始めに足を北極の位置に置いてから、北極を足底でとらえたままカナダの位置までボールを傾けて足を内反させます。

 足底の圧と足趾屈曲の圧を加えたまま、膝のわずかな屈曲→伸展を繰り返して、ボールを前後に動かします。

 普段意識していない筋肉を使っていることがわかると思います。

 続いて左足でもエクササイズを行ってください。

 室内でできる、なかなか手強いエクササイズです。

 下肢をスリムにして、むくみの改善や、膝痛、股関節痛、O脚の改善にも効果があります。

|

« 足趾の屈曲と足内側のアーチ、外反母趾と下腿後側深部の筋肉の関係。 | トップページ | 木登りは外反母趾を改善する足の使い方。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足の内側アーチを作るボールを使ったエクササイズ。:

« 足趾の屈曲と足内側のアーチ、外反母趾と下腿後側深部の筋肉の関係。 | トップページ | 木登りは外反母趾を改善する足の使い方。 »