« 「スプーン曲げと指圧の体の使い方は似ている」、昨夜『全力教室』を見た人は気づいたのでは? | トップページ | 80代女性、ふくらはぎの痛みがペパーミントとラベンダーのオイルマッサージで消えた症例。 »

2013年11月12日 (火)

リウマチの指の尺側偏位では手を橈屈に動かす。ビンのふたも右手で開ければ橈屈の動きになる。

 昨日のNHK『あさイチ』はリウマチの特集でした。

 リウマチは進行性に悪化するものとされていましたが、治療法の研究も進んで早期発見、早期治療により長期に渡って病状の進行を抑えていくことも可能なようです。

 番組では、リウマチによって指が小指側に曲がる「尺側偏位」になった時の生活動作を紹介していました。

 大切なのは「手の動きを橈屈に使うこと」です。手を尺屈させれば尺側偏位を強める方向の動きになってしまいます。

 左回しで開けるビンのふたを左手で開ければ尺屈に手関節を使いますが、ビンを左手で持って右手でふたを開ければ手関節は橈屈の動きになります。

 テーブルを拭く時も肘をワイパーのように左右に動かせば手関節の橈屈と尺屈を繰り返すことになりますが、肘を伸展から屈曲の方向にだけ動かせば手関節は橈屈の動きだけになります。

 この動きは肩関節の内転内旋を伴いますね。

 変形や痛みがあれば、「変形を強め、痛みを強める方向の動きはできるだけしないようにする」、これが鉄則です。

 リウマチで手指が尺側偏位すれば、ビンのふたを開けるにも、テーブルを拭くにも、手を動かす方向が制限されますが、手の橈屈の動きを心がければ症状の悪化を防ぐことになります。

 セラピストにとって大事なのは、「自分が経験したことがない痛みに対しても適切で有意義なアドバイスができる」ということです。

 また番組では、リウマチのリハビリの「グーパー体操」を作業療法士の方が紹介していました。

 しっかりとグーに手指を握って10秒保持と、しっかりとパーに手指を開いて10秒保持を3回繰り返します。

 「じっとしていても関節が痛い時や患部が熱っぽい時はやらない」という注意がありましたが、これもとても大事なことです。

 「炎症や痛みがある時は無理をしない」、しかし全く動かさなければ拘縮して、リウマチの関節がもっと動かしにくくなってしまいます。

 「無理に動かさない。しかし動かせる範囲で動かして関節の可動性を保持し、血行促進により少しずつでも関節の可動域を拡げていく」というアドバイスは、膝痛や五十肩の御客様にも当てはまります。

 痛みの強い症状にはじっくりとかまえて、適切な対応をしていきましょう。

|

« 「スプーン曲げと指圧の体の使い方は似ている」、昨夜『全力教室』を見た人は気づいたのでは? | トップページ | 80代女性、ふくらはぎの痛みがペパーミントとラベンダーのオイルマッサージで消えた症例。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リウマチの指の尺側偏位では手を橈屈に動かす。ビンのふたも右手で開ければ橈屈の動きになる。:

« 「スプーン曲げと指圧の体の使い方は似ている」、昨夜『全力教室』を見た人は気づいたのでは? | トップページ | 80代女性、ふくらはぎの痛みがペパーミントとラベンダーのオイルマッサージで消えた症例。 »