« 扁平足の改善。立位で股関節を内転させクロスさせたほうの足趾でラップの芯を巻きこむように圧して足のアーチを作る筋肉を鍛える。 | トップページ | 左橈骨動脈手関節横紋際の沈んだ脈=心臓の脈、女性は手関節際の脈が触れにくいことも考慮した上で判断する。 »

2014年3月13日 (木)

健康な胃は食物を溜めた上部が背中側に膨らむ(昨日の『ためしてガッテン』)。

 昨日の『ためしてガッテン』は「胃もたれ」をテーマにしていました。

 大食いで有名なギャル曽根さんは他のテレビ番組で『胃が背中側に膨らむ』と言っていましたが、出演者の山瀬まみさんは実際に大食いで膨らんだ背中を触らせてもらったことがあるそうです。

 番組では、被験者の胃の上部に食べた物が溜まって胃の上部が背中側に膨らむ様子を紹介していました。健康な胃は背中側に膨らむのですね!

 健康な胃は胃の上部に食物を溜めて徐々に下部へ移動させ、「胃もたれの胃」は胃の下部に食物が落ち込むので胃が重くなるということのようです。

 胃もたれの胃はストレスの影響で消化管活動を活発にする神経伝達物質アセチルコリンの分泌が低下して、胃の上部の働きが衰えて「胃下垂の胃」になるようです。

 胃は平滑筋で、副交感神経に支配されているので、リラックスした時に活発に活動します。

 ストレスの連続により、胃の上部の平滑筋が弱くなって「胃下垂の胃」になるということなのでしょう。

 一般的に、生まれた時の体は機能の充実した「実証」と考えられるので、ストレスの積み重ねによって胃の筋力の低下した「胃もたれの胃」になるようです。

 昨年6月から胃もたれに「機能性ディスペプシア(機能性胃腸障害)」という病名が認められ、アセチルコリンの働きを強める新薬「アコチアミド」も承認されたそうです。

 生まれつき胃下垂の胃を持った人が胃もたれになるのではなく、ストレスによって筋力の弱い胃下垂になっていくのであれば、交感神経の緊張をゆるめることのできる指圧・マッサージは「胃もたれ」の予防効果が高いということになります。

|

« 扁平足の改善。立位で股関節を内転させクロスさせたほうの足趾でラップの芯を巻きこむように圧して足のアーチを作る筋肉を鍛える。 | トップページ | 左橈骨動脈手関節横紋際の沈んだ脈=心臓の脈、女性は手関節際の脈が触れにくいことも考慮した上で判断する。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康な胃は食物を溜めた上部が背中側に膨らむ(昨日の『ためしてガッテン』)。:

« 扁平足の改善。立位で股関節を内転させクロスさせたほうの足趾でラップの芯を巻きこむように圧して足のアーチを作る筋肉を鍛える。 | トップページ | 左橈骨動脈手関節横紋際の沈んだ脈=心臓の脈、女性は手関節際の脈が触れにくいことも考慮した上で判断する。 »