« 八宗穴、「後谿」と「申脈」の組み合わせ、小指外転+足底屈・外反で背部を緊張させる体の使い方。 | トップページ | 喉の炎症にオリーブオイル+ハチミツ+レモン。 »

2014年3月19日 (水)

スギとヒノキ花粉が今年は一緒にに飛んでいます。

 2月の大雪の影響は花粉の飛散にも及んで、今年はスギ花粉の時期が遅れてスギとヒノキの花粉が一緒に飛んでいます。

 昨日は関東地方でも春一番が吹いて、今日も風が強く吹くという予報です。

 今日韓国では今春初の黄砂が飛来するということですから、風の勢いによってはそろそろ日本にも黄砂が飛んできそうです。

 指圧の御客様で敏感は方は「顔がピリピリする」、「舌がピリピリする」などの訴えがあります。

 この時期は、エアコンのフィルターや床の掃除で室内に入り込んだ花粉やほこりを取り除き、敏感な御客様のために施術環境を整える必要があります。

 実際に今朝エアコンのフィルターを掃除したら、いつものこの時期よりもほこりが溜まっていてびっくりしました。

 呼吸器系の症状を和らげるには、前頚部、鎖骨周囲、胸骨中央上縁「天突」、前腕内側で橈側の肺経を反対側の小鼻の横「迎香」までなど、血行促進、デトックスに働くツボの反応を探りながら適量刺激に調整して施術をします。

 咳き込む御客様の「天突」を刺激量を調整せずに単純に圧すだけでは、咳止めのツボもその効果を発揮できません。

 呼吸器からは遠ざかりますが、下肢内側の腎経の指圧のデットクス効果で、喉の奥に入り込んだ異物を排除するために咳が出るということもあります。

 血行促進、異物の排出の施術をしていれば、ウイルスなどの異物をもらうこともあります。

 掃除の後、施術の後には手洗いうがいをして、汗をかいたらできるだけ早く下着を着替えるようにしてください。

 それをしていてさえ「もらう」ことはあります。

 できるだけ異物を吸い込まないように、汗をかいた後に体を冷やして風邪をひかないように、体調管理につとめてください。

|

« 八宗穴、「後谿」と「申脈」の組み合わせ、小指外転+足底屈・外反で背部を緊張させる体の使い方。 | トップページ | 喉の炎症にオリーブオイル+ハチミツ+レモン。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スギとヒノキ花粉が今年は一緒にに飛んでいます。:

« 八宗穴、「後谿」と「申脈」の組み合わせ、小指外転+足底屈・外反で背部を緊張させる体の使い方。 | トップページ | 喉の炎症にオリーブオイル+ハチミツ+レモン。 »