« 歩行練習用ロボットとバランス練習用ロボットをトヨタが今秋から医療機関に有償提供。 | トップページ | 右眼球打撲、結膜炎。 »

2014年5月30日 (金)

左足外側の痛み→左第5趾上部のウオノメをかばっている。

  60代女性、主訴は左足外側の痛みです。

  触診では左第5中足趾節関節に痛みがあります。

  左第5趾爪根部にはウオノメがあって、ウオノメの接触刺激を避けるために足趾を外下側に緊張させて関節炎様症状が起きたようです。

  左足外側や足底の筋肉に沿った触診では痛みがなく、関節の外転運動、屈曲運動で痛みが再現されました。

  改善策としては靴の接触刺激を避けるために中敷きなどで調整することで、ワイズの広い靴を履くようにします。

  もともと左足は右足に比べて外反母趾の度合いが強く、右足よりの足のアーチが衰えていて左足はしっかりと使われていません。

  座位で爪先を使って広げたタオルを足元に丸めてくる運動や踵の上げ下げで足のアーチを鍛えることも改善策です。

  左足の弱さ=右足体重、右利きで右肩こりということもあり、右肩から背部を緩め、むくんだ左下肢にはエクササイズになるような1秒圧の速いテンポの指圧をしました。

  症状は緩和されたのですぐに整形外科で靴を作らなくてもすみそうです。
 
 

|

« 歩行練習用ロボットとバランス練習用ロボットをトヨタが今秋から医療機関に有償提供。 | トップページ | 右眼球打撲、結膜炎。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左足外側の痛み→左第5趾上部のウオノメをかばっている。:

« 歩行練習用ロボットとバランス練習用ロボットをトヨタが今秋から医療機関に有償提供。 | トップページ | 右眼球打撲、結膜炎。 »