« 今日は原宿生活の木でスペシャルセミナー。 | トップページ | 70代女性、前腕内側の尺側手根屈筋のこり。 »

2014年7月14日 (月)

昨日のスペシャルセミナー。

   昨日の原宿生活の木のスペシャルセミナーは、後でアンケートを読ませていただきましたが高い評価をいただき、せっかくの7月の日曜日に時間を作って来ていただいた受講生の方々の肩こりをゆるめることができたようで、ひとまずほっとしています。

  講演形式のほうでも話をするだけでは肩こりが治るメカニズムの実感がわかないと思ったので「立っている人の後ろに回って両肩に手を当てて自分がしゃがみこむことで肩上部に圧をかけて肩を下げる」などの超簡単な肩こり緩和法を皆さんにやっていただきました。

  肩こり緩和の実技では、しゃべり続け、6台のベッドを移動しながら全員に施術をしていきました。

  2名お休みで20名の参加者の間をグルグルと回っていたので(生活の木のスタッフ2名にも指圧をしているので結局22名でした)、ひとりひとりのタッチのニュアンスの修正という点では不十分なところもあったと思いますが、「肩こりをゆるめるのに指力はいらない」ということは実感してただけたことと思います。

  問診もせずに22名触ると、どうしても「私がタッチを合わせられない人」がでてきます。

  一人の方は自覚はないようでしたがリウマチかもしれません。

  もう一人、狐につままれたような、心から納得はしていないといった顔をしていた方がいらっしゃいましたが、もしかしたら御自分が今まで教わってきたこととのあまりの違いに、簡単には受け入れることができなかったのかもしれません。

  スペシャルセミナーは10月と1月にも依頼されていますが、参加人数も多く、一般の方にもわかるようにということなので、テクニックや理論をしっかりと身につけたい方は通常の講座を受講してください。

  人でごった返す日曜日の表参道で、心折れずにセミナーに来ていただいた皆様、ありがとうございました。私も勉強になりました。

|

« 今日は原宿生活の木でスペシャルセミナー。 | トップページ | 70代女性、前腕内側の尺側手根屈筋のこり。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のスペシャルセミナー。:

« 今日は原宿生活の木でスペシャルセミナー。 | トップページ | 70代女性、前腕内側の尺側手根屈筋のこり。 »