« 介護予防ボランティア養成講座4日目、男性の平均寿命も80歳超え。 | トップページ | エアコンの冷えの対処法とツボ。 »

2014年8月 2日 (土)

脾経のツボ「血海」の刺激法。膝蓋骨を手掌で包み母指球の当たる場所。

  大腿前内側で膝蓋骨内上角上2寸のツボ脾経の「血海」は、膝蓋骨を同側の手掌で包むと母指球の当たる位置の内側広筋上にあります。

  内側広筋は大腿四頭筋の一つですから、膝を伸ばす働きをします。

  特に爪先を外側に向けるような「膝関節外旋位」の時には内側広筋が膝伸展に大きな役割を担います。

  膝を曲げて膝を内側に向ける時にも足底が固定されていれば膝関節は外旋位になるので、スキーの回転競技などで膝を伸展させる時には内側広筋が活躍します。

  山の上り下りで滑らないように足をV字に着地させる動きが続けば内側広筋の「血海」のあたりがこって痛みが溜まります。

 疲れていれば、血海の自己指圧を母指でするのではなく、あぐらをかいて、膝蓋骨を同側の手掌で包んで、そのまま肘を伸展させることで母指球で血海のツボ刺激をすることができます。

 
  反対側の手はお尻の後方やや外側について、刺激する方の肘を伸ばすことで体幹を起こしていくと圧している方の膝が倒れて血海に大きな圧刺激がかかります。

  椅子に座って血海に重ね母指で母指指紋部を当てて、膝から下をブラブラと上下に動かして刺激することもできます。

 母指球で大きな圧刺激でズンと圧す圧し方と、膝の関節運動を利用したツボ刺激と、どちらもできるようにしておいてください。

  つまり指力で圧し込むツボ刺激以外の方法を臨床の現場(ライブ)で創作できないと、セラピーは行き詰まります。

 「炎症がある患部に指力で捻じ込むことはできない」ので、これをふまえたツボ刺激をいつでも用意できるようにしておいてください。

|

« 介護予防ボランティア養成講座4日目、男性の平均寿命も80歳超え。 | トップページ | エアコンの冷えの対処法とツボ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脾経のツボ「血海」の刺激法。膝蓋骨を手掌で包み母指球の当たる場所。:

« 介護予防ボランティア養成講座4日目、男性の平均寿命も80歳超え。 | トップページ | エアコンの冷えの対処法とツボ。 »