« 迷惑ソフト WinZip driver updater 。 | トップページ | 40代女性頭痛、右の後頚部~肩上部~上肢の痛み、左腰のこり、旅行疲れ。 »

2014年8月26日 (火)

足裏のツボ圧し感覚に必要な足底を覆う「足底腱膜」。

 足底腱膜は足底の踵骨から母趾外転筋、短趾屈筋、小趾外転筋の上(足底の皮膚に近い面)を放射状に足趾に延びて、他の結合組織繊維や皮下脂肪とともにクッションの役割をしています(母趾外転筋で足底腱膜に覆われるのは停止部寄りの部位)

    足底を圧す時には、筋肉の上に足底腱膜があることを意識して、足底腱膜と筋肉の感触の違いを深さでとらえてください。

    足底内側の土踏まずの部分(母趾外転筋上)には足底腱膜がないので、足を背屈させて足底内側に触れると足底腱膜との境がわかります。

    この足底内側の土踏まずの部分に足底腱膜がないことで、足のアーチが崩れやすかったり、走ったりジャンプをした時に土踏まずの内側で踵に近い足底腱膜のへりに負担がかかって「足底腱膜炎」になります。

    土踏まず内側の踵の近くに痛みやしこりがあって、「歩き出す時は痛いけれど歩いているうちに痛みが軽くなる」ようなら足底腱膜炎の可能性が大です。

   足底腱膜炎の9割は、刺激を避けて安静にすることで自然治癒するそうです。

   また、足底腱膜にできる良性腫瘍が「足底繊維腫」で、歩くとしこりが押し込まれて痛み強くなります。

  どちらも患部は指圧・マッサージの対象ではありません。足底腱膜炎や足底繊維種が疑われる場合は病院への受診を勧めてください。

   指圧・マッサージの対象となるしこりはむくみやこりですから、目視や触れた感覚でいぼやタコ、魚の目、足底腱膜のしこりなどがあればその部位は刺激しないようにします。

   足には足底腱膜の他に屈筋支帯や伸筋支帯が筋肉を覆っていて、そこからはみ出してくるむくみや、それを盛り上げてくるこりがあります。

 また、手指のばね指の結節は滑液が溜まってしこりとなったものですから、足にも同じようなことが起こると考えておいてください。

   流せば流れていくもの、圧せばゆるんでいくものが指圧・マッサージの対象です。

  足に老廃物が溜まっていると関節がコキコキ音を立てたり、むくみが粘着性をもって様々な筋肉を覆うベルトの間から瘤のように盛り上がって指に触れることがあります。

   昨日はそんな方に指圧をしました。指圧中に2回トイレに行かれました。猛暑でとてもお疲れだったようです。

  昨夜からは涼しくなりました。こんな時にどっと疲れが出るものです。

  こりを力で圧し込めばさらに固くなり、むくみを力で流そうとすれば水の流れは滞ります。老廃物を流す丁寧なタッチを心がけてください。

 

 

 

 

|

« 迷惑ソフト WinZip driver updater 。 | トップページ | 40代女性頭痛、右の後頚部~肩上部~上肢の痛み、左腰のこり、旅行疲れ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足裏のツボ圧し感覚に必要な足底を覆う「足底腱膜」。:

« 迷惑ソフト WinZip driver updater 。 | トップページ | 40代女性頭痛、右の後頚部~肩上部~上肢の痛み、左腰のこり、旅行疲れ。 »