« 手のリフレクソロジーの「みぞおち」の反射区と心包経の「労宮」のズレ。 | トップページ | リフクソロジーで手足の指紋部(趾紋部)が頭部・脳の反射区であるその理由。 »

2014年9月12日 (金)

バス旅行前後の指圧で腰痛を防ぐ。

  腰痛持ちの60代女性、仕事関係の親睦一泊バス旅行の前日に指圧をして、帰った翌日に指圧をしたら腰痛は悪化していませんでした。

  旅行には行きたくないとのことでしたが、天気が良かったそうで、上高地のさわやかな空気は喘息の持病にも効果があったようです。

  いつもなら指圧を始めてしばらくすると副交感神経が優位になって気管支が収縮するので何回か続けて咳が出るのですが、旅行後の指圧では小さな咳が一回出ただけでした。

 旅行では古墳への階段を上ることがあり、痛みのある左の腰をかばったようで、右の大殿筋や中殿筋、大腿四頭筋のエクササイズになって小尻効果、大腿の引き締め効果がありました。

 爽やかな空気の中でしばらく過ごせば、喘息にも腰痛にも効果がありそうです。

 嫌々行く旅行のストレスで腰痛を悪化させて帰って来るかと思っていましたが、各地で大雨被害も出た日なのに天候に恵まれて、転地療養になったようです。

 体調が心配な方は、旅行前に指圧でメンテナンスをして、旅行後のメンテナンスの予約をして出かけると、安心感が違うようです。

|

« 手のリフレクソロジーの「みぞおち」の反射区と心包経の「労宮」のズレ。 | トップページ | リフクソロジーで手足の指紋部(趾紋部)が頭部・脳の反射区であるその理由。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バス旅行前後の指圧で腰痛を防ぐ。:

« 手のリフレクソロジーの「みぞおち」の反射区と心包経の「労宮」のズレ。 | トップページ | リフクソロジーで手足の指紋部(趾紋部)が頭部・脳の反射区であるその理由。 »