« 温泉施設「真名井の湯」の「減圧室」で2人死亡のニュース。 | トップページ | 減圧室の死亡事故から低気圧の時の指圧が効果的であることを考えてみました。 »

2014年9月30日 (火)

応援疲れの指圧。

  土日にお孫さんの卓球の試合の応援に行った70代女性に指圧をしました。

  主訴は全身疲労でだるいこと、9時から4時過ぎまで2日続けて体育館で応援をしていたそうです。

  肩こり、背部のこり、下肢外側のこりがありました。

   6月にぎっくり腰になっていて、治ってはいますが立ち上がる時に違和感があるそうで、体育館の固い椅子がしっくりこなくて、立って応援していた時間が長かったようです。

   それでも腰の指圧やストレッチでは痛みが出ないので、新しい大きな傷はできていないようです。

   土日の2日間、立って応援したことが原因の新しい疲労に対して、軽い圧の指圧をテンポ速めに行いました。

   スポーツ後の筋肉疲労と同じような感覚で血行促進をしていいと思います。

   圧し込まずに軽い圧でテンポ良く全身性の指圧をするというのは、なかなかできそうでできないものです。

   筋肉疲労ですが大して運動もしていない場合は、強い刺激はいらないのです。

   運動会のシーズンはこのようなお客様が増えます。

   指圧は圧すものだという固定観念にとらわれず、全身性のテンポの良い指圧にトライしてみてください。結果は良好でした(里芋をたくさんいただきました)。

|

« 温泉施設「真名井の湯」の「減圧室」で2人死亡のニュース。 | トップページ | 減圧室の死亡事故から低気圧の時の指圧が効果的であることを考えてみました。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 応援疲れの指圧。:

« 温泉施設「真名井の湯」の「減圧室」で2人死亡のニュース。 | トップページ | 減圧室の死亡事故から低気圧の時の指圧が効果的であることを考えてみました。 »