« 介護予防ボランティア講座最終回とアロマ指圧講座。 | トップページ | 子育て支援NPO法人代表の無資格マッサージで生後4ヶ月の男児、低酸素脳症・多臓器不全で死亡のニュース。 »

2014年9月 6日 (土)

「いぶりがっこ(タクアンの燻製)」をいただきました。焦げた匂いと心の臓。

 秋田名物の「いぶりがっこ」をいただきました。

 指圧をしながらお客様の出身地の秋田情報で私が知っている「壇蜜、落合、稲庭うどん、はたはた、比内鶏…」とあげていった中に「いぶりがっこ」があって、わざわざ届けていただきました。お気遣いいただいてかえって申し訳ありませんでした。

 施術の現場では「転地療養感を出せ」と講座ではみなさんにお話ししております。

 日常の現実からお客様の気を離して、気を転じるようにしていくことが転地療養感のある施術です。

 「いぶりがっこ」は薄く切って食べると美味しいと言われたのでそうしてみると、言われた意味がすぐにわかりました。

 いぶりがっこの表面の皮の部分だけに燻された香りがあって、中はシャッキとしていて、しっかりと甘じょっぱい味付けが浸み込んでいます。

 生のダイコンを食べて、タクアンの調味液を口に含んで、燻製の煙の中を煙を口に吸いながら歩いてくると、こんな味になりそうです。

 皮の味と中身の味の両方に主張があって、透けるほど薄く切っても十分に味と香りとその余韻を堪能することができます。

 これが「いぶりがっこ」なら、私が以前食べたものはしなっとしたツボ漬けのまわりを多少スモークした程度の別ものです。

 指圧と「指圧みたいなもの」の違いくらいの差がありました。

 東洋医学の五行の分類では五臓の心と五臭の「焦」が対応します。

 香ばしく焦げた匂いのするものを適量食べれば心を強くし、食べすぎれば心を傷つけることになります。

 去年は五味子のジャムが新しい味の発見1位でしたが、今のところ今年の新しい味の発見暫定1位は「いぶりがっこ」です。

|

« 介護予防ボランティア講座最終回とアロマ指圧講座。 | トップページ | 子育て支援NPO法人代表の無資格マッサージで生後4ヶ月の男児、低酸素脳症・多臓器不全で死亡のニュース。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いぶりがっこ(タクアンの燻製)」をいただきました。焦げた匂いと心の臓。:

« 介護予防ボランティア講座最終回とアロマ指圧講座。 | トップページ | 子育て支援NPO法人代表の無資格マッサージで生後4ヶ月の男児、低酸素脳症・多臓器不全で死亡のニュース。 »