« 薄暗いうちにウォーキングに出かけたら…。 | トップページ | 筋肉を増やして健康になる方法、「3分速歩をした後に牛乳を200ml飲む」、昨日の「ためしてガッテン」。 »

2014年9月17日 (水)

「目のずれが肩こりの原因」となっているケースはそれほど多くないと思います。昨日の「みんなの家庭の医学」。

  昨日の昼過ぎの地震は緊急地震速報とほぼ同時くらいに揺れ出して、突き上げるような縦揺れの後、しばらく揺れが続いたので玄関から外に出て様子をうかがっていました。

  東日本大震災との違いは停めてある車が動くようなことがなかったことです。

  それでも神棚から神鏡が2つ落ちて、2階ではギターのボトルネックが2つ棚から落ちていました。

  落ちたのは銀色で丸いものが4つ、ちょっと何事かありそうな銀色しばりです。

  夜は「みんなの家庭の医学」で肩こりがテーマだったので期待して見ていました。

 「目のずれが肩こりの原因」ということでコーナーを盛り上げたかったようですが、「原因となる可能性もある」など、見ているうちに主張のトーンダウンは明らかで、そもそも全ての人にある目のずれを肩こりの主原因にしてしまうと、「目のずれの幅が大きい人はそれが肩こりの原因となっている可能性もある」という、なんともやんわりとしたお知らせしかオチにはできなくなります。

 目のずれからくる肩こりの対処法で「パソコンやスマホを見なければいい」ということをあげていましたが、これは眼精疲労と同じで「目のズレ」を問題にするまでもありません。

 「目のズレを修正する脳や目の筋肉の疲労が交感神経を優位にして僧帽筋がこって肩こりになる」というもっていき方も、交感神経が優位になって緊張するのは脊柱起立筋も同じですから、何も目と僧帽筋だけがつながっているわけではありません。

 やはりそこには猫背姿勢で長時間手作業をすることでのストレッチ不足や、撫で肩の筋力不足が大きな原因となっています。

 目を温めたり、マッサージをしたりという対処法も一般的なことで、目のずれが大きな人がメガネで補正するという眼科的治療を紹介したことがこのコーナー唯一のメリットだと思いました。

|

« 薄暗いうちにウォーキングに出かけたら…。 | トップページ | 筋肉を増やして健康になる方法、「3分速歩をした後に牛乳を200ml飲む」、昨日の「ためしてガッテン」。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「目のずれが肩こりの原因」となっているケースはそれほど多くないと思います。昨日の「みんなの家庭の医学」。:

« 薄暗いうちにウォーキングに出かけたら…。 | トップページ | 筋肉を増やして健康になる方法、「3分速歩をした後に牛乳を200ml飲む」、昨日の「ためしてガッテン」。 »