« エストロゲンのような働きのあるフェンネル(シード)を買うなら…カルディが安くてびっくり。 | トップページ | ノルディックウォーキング、ポールを引きずるように歩くという最初の指導に納得。 »

2014年9月23日 (火)

美容院脳卒中症候群。

 「美容院脳卒中症候群」というネーミングは強烈ですが、シャンプーの際に椎骨動脈の血流が阻害されて、めまいやふらつき、頭痛、吐き気などの症状が出ることを美容院脳卒中症候群と呼ぶそうです。

  頸椎後屈は前屈以上に苦しい姿勢なので、シャンプーの時に頸椎後屈で左右に頭を揺さぶられると発症しやすいようです。

  指圧・マッサージでも首に触れる時や、首を動かす時は細心の注意が必要です。腰や背中にヘルニアなどの神経の圧迫や傷があれば、首もつながっていますから通常よりも可動域は狭くなっています。

  美容院で首や腰の問診をしてシャンプーをすることもないでしょうから、嫌な感じがあれば我慢せずに一旦中止してもらいましょう。

  長時間星を眺めていても疲れるわけですから、シャンプーは頸椎を立位や座位と同じ中間位に近い姿勢で行うべきです。

  椅子やシャンプー台の交換ができなければ、枕やタオルなどで頸椎をサポートをするサービスが望まれます。

  首をいい加減に扱えば大変な事故につながることがあります。

  1ミリ、100gの圧し過ぎで状態を悪化させてしまうことがあるのが首です。

  美容院で首や肩を叩くことがありますが、本当に叩いてしまっているようなものはマッサージの叩打法ではあり得ません。

  叩くのではなく、できるだけ接触時間を少なくして触れた瞬間に手を上に引いて「リズムで体を目覚めさせてリラックスモードから現実世界で動ける体に戻すこと」が叩打法の目的です。

  美容師の方で気づいている方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

|

« エストロゲンのような働きのあるフェンネル(シード)を買うなら…カルディが安くてびっくり。 | トップページ | ノルディックウォーキング、ポールを引きずるように歩くという最初の指導に納得。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美容院脳卒中症候群。:

« エストロゲンのような働きのあるフェンネル(シード)を買うなら…カルディが安くてびっくり。 | トップページ | ノルディックウォーキング、ポールを引きずるように歩くという最初の指導に納得。 »