« 昨日の生活の木スペシャルセミナー「認知症予防」&「美と健康維持」。 | トップページ | 腱引き(腱への手技を主とする活法)。 »

2015年7月20日 (月)

50代女性、疲れやすい、眠たい、退職後のストレス。

 関東地方では梅雨明けの発表があり、昼までの猛暑もこちらでは午後になって雲が多くなってきました。

 夕方になって電話があり、指圧をすることになったのは50代女性、背中が丸くなり年齢をうかがう前はもっと年が上のように見えました。

 主訴は疲れやすいことと眠れないということ、しかしお話をうかがうと夜は7時間睡眠をとっていて、昼寝ができないことが悩みのようです。

 昨年看護師として勤続30年の病院を退職した後、他の病院への就職を考えていたのですが採用されず、現在は家で主婦の仕事と畑仕事をしているようです。

 降圧薬を服用中ですが、大病をしたことはなく、座位の触診では側頸部から肩、背中がこっています。

 疲れるのは痩せていて筋肉が細いのに慣れない畑仕事をしているからでしょう。

 退職後在宅ストレスは男性のものというイメージがありますが、仕事のスキルにたけた女性も在宅ストレスを感じるようです。

 交感神経優位の心身が午前中の畑仕事で疲れた体に昼寝をさせないようです。

 筋肉が細いので強い刺激は必要ありません。

 筋肉に負荷がかかれば早くこってきますが、軽い刺激の指圧で十分ゆるみます。

 伏臥位の腰の指圧で、もうおなかが動き始めました。

 どちらかと言えば便秘気味ということも背部交感神経支配領域の筋緊張がうかがえ、退職後に今まで使っていた筋肉を使うことが少なくなって筋力が急激に落ちたのかもしれません。

 痩せていますが、患者さんのベッドから車椅子への移乗の介助などは得意だったそうです。

 全身指圧後、背中が伸びて側頸部から肩上部のこりもゆるみました。

 ベテランの看護師が自分のスキルに見合った再就職を希望すると、採用する病院は高給がネックになってしまうことがあるようです。

 どうもこの女性のケースは暇な時間を持て余して体の調子を崩しているように思います。

 指圧後若返った背中は、まだまだ看護師で働きたいと語っていました。

|

« 昨日の生活の木スペシャルセミナー「認知症予防」&「美と健康維持」。 | トップページ | 腱引き(腱への手技を主とする活法)。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50代女性、疲れやすい、眠たい、退職後のストレス。:

« 昨日の生活の木スペシャルセミナー「認知症予防」&「美と健康維持」。 | トップページ | 腱引き(腱への手技を主とする活法)。 »