« 80代女性、足の冷え、坐骨神経に沿った殿部と大腿後側のこり。 | トップページ | 右の首の寝違えと右腰痛、体幹の左へのずれ。 »

2015年8月28日 (金)

気温が下がってきたら指圧の持続を長くする。

 台風が去って秋めいた日が続いています。

 外気温が下がれば熱のこもった体に指圧をする機会が減って、冷えに対応する指圧が必要になります。

 汗ばむ夏は接触時間の短いタッチが気持ち良いのですが、冷えた体には接触時間の長い温めるタッチを気持ち良いと感じるようになります。

 タッチの持続を長くするといっても1~2秒かその何分の1ということです。

 密着させる手指の隙間を閉じて熱を逃がさないようにし、深い部分にまで圧を浸透させるのが秋から冬の指圧です。

 夏は気温の高さで血行促進されるので、手指の隙間を空けた持続の短い表面的なタッチでもよかったのですが、これからはそういうわけにはいきません。

 冷えて硬くなった体を深い部位まで温める必要のある秋冬の指圧は、技が必要になります。

 衣がえのように、タッチも季節の変化に対応させていかなければいけません。

 

|

« 80代女性、足の冷え、坐骨神経に沿った殿部と大腿後側のこり。 | トップページ | 右の首の寝違えと右腰痛、体幹の左へのずれ。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気温が下がってきたら指圧の持続を長くする。:

« 80代女性、足の冷え、坐骨神経に沿った殿部と大腿後側のこり。 | トップページ | 右の首の寝違えと右腰痛、体幹の左へのずれ。 »