« 甲子園決勝の連投、右肘剥離骨折後の仙台育英佐藤投手には無理がある。 | トップページ | 不安神経症、会社を休職して病状が落ち着く。 »

2015年8月22日 (土)

処暑の頃の朝夕の冷え。

 明日は処暑、立秋を過ぎて暑さが終わる頃です。

 昨夜は久しぶりに夜気を涼しいと感じました。

 露出している膝や肘の関節は急な温度低下で血行が悪くなります。

 猛暑の間はシャワーですませていた方も湯舟につかりたくなるのがこの時期です。

 湯舟につかるのが苦手という方は足湯でも足や膝の血行促進になります。

 新陳代謝が低下した高齢者では足の爪の間に垢が溜まっていることが多いので、足湯で硬くなった皮膚を柔らかくして、指で軽くこするだけでも古い角質がはがれて表皮の新陳代謝を促します。

 足の臭いが気になる方は消臭作用のあるレモングラスやシトロネラなどの精油を入れた足湯がおすすめです。

|

« 甲子園決勝の連投、右肘剥離骨折後の仙台育英佐藤投手には無理がある。 | トップページ | 不安神経症、会社を休職して病状が落ち着く。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 処暑の頃の朝夕の冷え。:

« 甲子園決勝の連投、右肘剥離骨折後の仙台育英佐藤投手には無理がある。 | トップページ | 不安神経症、会社を休職して病状が落ち着く。 »