« 昨日は町内会の健康体操指導と便秘、肩こりの指圧。 | トップページ | 40代男性、不安神経症に運動の効果。 »

2015年10月20日 (火)

運動習慣のある人は夜食に150kcal程度のタンパク質摂取で体脂肪が減る。

 運動をよくする人が夜食に少量のタンパク質をとると体脂肪が減るというデータがあるそうです。

 少量とは150kcal程度のことで、ヨーグルトなら脂肪を減らしていないもので500gパックの半分程度を食べていいことになります。

 夜食をとることで翌朝の食欲を抑えたり、「夜食を食べてもいい」という気持ちの余裕が夕食の量を減らすことになって、結果として一日のカロリー摂取量を減らすことができるようです。

 ヨーグルト、チーズ、豆腐などの良質なタンパク質を多く含む食品がお勧めとのことです。

 朝の運動後の牛乳、夜おなかがすいた時の無脂肪ヨーグルトは以前から続けていましたがカロリーからすると夜食に無脂肪ヨーグルトなら500gパックの半分以上食べていいんですね、遠慮せずに量を増やしてみます。

|

« 昨日は町内会の健康体操指導と便秘、肩こりの指圧。 | トップページ | 40代男性、不安神経症に運動の効果。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運動習慣のある人は夜食に150kcal程度のタンパク質摂取で体脂肪が減る。:

« 昨日は町内会の健康体操指導と便秘、肩こりの指圧。 | トップページ | 40代男性、不安神経症に運動の効果。 »