« 70代男性右腰痛、右肩甲骨外側のこり→車のワックスがけ。 | トップページ | 2週間前の左母指伸展での挫傷、回復は順調です。 »

2015年10月14日 (水)

五郎丸ポーズの指、右手尺側三指は力が入っていない。

 ラグビーの五郎丸選手のポーズが話題です。

 昨日の記者会見で自ら「五郎丸ポーズのマネに研究が足りない」と語っていたほど、あちこちでマネされているのを御本人も承知しているようです。

 「立っている指は2本ではない」と会見で言っていたように、両方の示指と右の中指を立てて右の薬指と小指は自然な中間位をとっています。

 左手の尺側三指を曲げているのは体が左に開かないようにしているのでしょう。

 右手尺側三指は屈曲の力も伸展の力もほとんど入っていないように見えます。

 右尺側三指に屈曲の力が入っていないので、キックの時に右肩が内転せず、自然に腕が下がっているので体幹の中心がぶれずに楕円形のラグビーボールを歪みのない縦回転でコントロールできるのでしょう。

 右尺側三指に伸展の力が入り過ぎると体が右外側に開きやすいので、指主導で定める「狙い」が生まれたのだと思います。

 指圧の重ね母指でも、体幹を母指で支える微妙な加減を四指の閉じ具合や手首の高さで調整します。

 上になる母指は体幹の中心を下の母指の上に移動させるために重ねるのであって、下の母指圧すのではありません。

 五郎丸選手の右尺側三指の脱力もそういうことなのかもしれません

|

« 70代男性右腰痛、右肩甲骨外側のこり→車のワックスがけ。 | トップページ | 2週間前の左母指伸展での挫傷、回復は順調です。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五郎丸ポーズの指、右手尺側三指は力が入っていない。:

« 70代男性右腰痛、右肩甲骨外側のこり→車のワックスがけ。 | トップページ | 2週間前の左母指伸展での挫傷、回復は順調です。 »