« 今日は飯能で講座があるので午後の指圧は5時からになります。 | トップページ | 40代女性、腰痛、首のこり。 »

2016年1月 8日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「手指の神経障害対策」。

 昨日の飯能生活の木薬香草園のアロマ指圧講座は「手指の神経障害対策」がテーマでした。

 手掌側では母指から薬指の中心線より母指側までが正中神経に、手背側では母指から中指の中心線より母指側までが橈骨神経に、残りの尺側の範囲が尺骨神経に支配されています。

 正中神経障害では母指球が委縮して母指と示指で丸が作れなくなる猿手に、橈骨神経障害では手首が背屈できなくなって掌側に曲がる下垂手に、尺骨神経障害では尺側の指が曲がらなくなって顔を洗う時に水がすくえなくなる鷲手になります。

 実技では、手指に延びる神経となる第5頸神経から第1胸神経の出口の後頚部から肩甲間部の上部、斜角筋隙、鎖骨上部内側の肋鎖間、小胸筋の神経の圧迫されやすいポイントを拡げる指圧に続いて、上肢の基本指圧と手指から前腕の3つの神経の分布に沿ったアロマオイルトリートメントを行いました。

 ブレンドオイルにはジンジャーとラベンダーを使い加温、鎮痛、血行促進を目的としました。

 手関節の掌側と背側の環状軽擦、手根管、ギオン管、肘部管の詰まりを流す母指軽擦、手関節掌屈+尺屈の橈側手根伸筋のストレッチによる橈骨神経の圧迫の解除、手関節背屈+橈屈の尺側手根屈筋のストレッチによる尺骨神経の圧迫の解除、肘伸展+手関節背屈による正中神経圧迫の解除など、アロマオイルトリートメントの効果をさらに上げるための実技も行いました。

 経脈に当てはめると、橈骨神経は大腸経と三焦経、正中神経は肺経と心包経、尺骨神経は心経と小腸経となります。

 ツボ、反射区、トリガーポイント、マルマなど、呼び方は様々ですが、痛みの原因を丁寧に探っていけば痛みを感じている部分以外に痛みを解除するポイントが見つかるものです。

 今回の講座では腕神経叢の流れと手指の3つの神経で、手技療法の王道である主訴の遠隔操作についてお話をさせていただきました。

|

« 今日は飯能で講座があるので午後の指圧は5時からになります。 | トップページ | 40代女性、腰痛、首のこり。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のアロマ指圧講座「手指の神経障害対策」。:

« 今日は飯能で講座があるので午後の指圧は5時からになります。 | トップページ | 40代女性、腰痛、首のこり。 »