« 転倒後リハビリ中の男性11回目の指圧。 | トップページ | 40代女性、右側頸部痛。 »

2016年4月25日 (月)

40代女性、シェーグレン症候群、主訴は肩こり。

425_4 アヤメとハチ

 今朝外は少し冷えて、ウォーキングの行きに道端で見つけたハチは、帰りも同じアヤメに止まっていて暖かくなるのを待っているようでした。

 昨日は腰痛の旦那様と一緒に自分も指圧をしてほしいという女性がお子さんを連れて3人で指圧にいらっしゃいました。

 急性の腰痛で症状が重ければ旦那様から指圧を受けそうなところ、奥様が先だったので実は症状が重いのは奥様だったようです。

 以前手根管症候群で指圧をしたことがあります。

 今回は頬が蝶形紅斑のように赤くなり、鼻が黒く日焼けしたように見えることが気になったのでうかがうと「日焼けをしたわけではない」とのこと。

 シェーグレン症候群の診断を受けたことがあって、現在特に治療はしていないようですが、蝶形紅斑が特徴の全身性エリテマトーデスも目や口が乾燥するシェーグレン症候群も女性に多い膠原病です。

 主訴は肩こり、猫背で頭は肩より前にあり、背部もこっています。

 伏臥位の指圧で背面のこりをゆるめると、仰臥位の指圧ではよく眠りました。

 眠っている時は口が開いて、唇が乾燥しています。

 シェーグレン症候群では疲れやすいという症状もあって、疲労物質が体中に溜まっていたのでしょう、指圧が終わってもすぐには体を起こすことができませんでした。

 御両親と一緒に来た女のお子さんは3才くらいですが笑顔で挨拶がちゃんとできて、しかもとてもお利口でおとなしくしていました。

 「高齢出産でこどもが気を使ってくれている」と話してくださいましたが、お母さんが疲れやすいことがわかっているのでしょう。

 指圧後は顔の蝶形紅斑のような赤さは薄くなり、鼻の黒さも薄くなっていました。

 上にのぼせていたということです。

 以前手根管症候群がありましたが今回は関節症状はなく、リウマチのような指の変形もありません。

 肩こりや疲労感以外に症状がなければしばらくは積極的な治療はしなくてもよさそうです。寝る時は口を乾燥させないためにマスクをしたほうがよいということはアドバイスさせていただきました。

 旦那様の腰痛は両殿部梨状筋のこりが原因となっていて、それは仕事の立位O脚姿勢によるもののようでした。

 指圧後はO脚、猫背が解消したので心配はありません。

|

« 転倒後リハビリ中の男性11回目の指圧。 | トップページ | 40代女性、右側頸部痛。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40代女性、シェーグレン症候群、主訴は肩こり。:

« 転倒後リハビリ中の男性11回目の指圧。 | トップページ | 40代女性、右側頸部痛。 »