« 70代男性、背中から首のこり、後頭部頭痛。 | トップページ | 左大転子上部後側の鎮痛ポイント。 »

2016年4月 8日 (金)

昨日のアロマ指圧講座「肩こりをストレッチするタッチ」、指圧には筋膜リリースの技もあるのです。

48 今朝6時は初夏のよう

 朝6時でも紫外線が強くなってきました。

 昨日は飯能生活の木で「肩こりをストレッチするタッチ」をテーマにアロマ指圧講座をしてきました。

 指圧には筋膜リリースの技も含まれています。

 背部調整法の肩甲骨や殿部の輪状掌圧や側腹部の上下操作は、広い曲面に手掌を密着させて、皮膚・筋膜・筋肉を癒着から解放する技として臨床で応用することができます。

 私は側腹部の上下操作を応用して、僧帽筋、脊柱起立筋、広背筋の筋膜リリースとしています。

 実技では指圧らしい母指圧の押圧操作を控えて、筋膜リリースや自律神経訓練法ともいえる一度緊張させてから緊張から解放する指圧の運動操作で肩こりをゆるめ、最後に合谷から曲池のツボ指圧に上肢牽引のストレッチを加えたアロマオイルトリートメントを行いました。

 ブレンドオイルはローズマリー・カンファー、ラベンダー・ブルガリア産、スイートアーモンドオイルを1%濃度で使用しました。

 例えば軽擦だけで施術をするとしても、肩関節に一度挙上の緊張を与えてから手を放して解放すると、肩の筋肉は緊張させる力を使っているのでゆるむしかありません。

 これが座位指圧の肩関節の上げ下ろしの操作です。

 一度他動的にしっかりと筋張させることが肩をゆるめるために有効なのは、日常動作で肩を目一杯挙上させるということはほとんどないからです。

 座位指圧の最後の上体の伸展+上肢の伸展から上肢を前に放り投げるのも、「しっかりと猫背にする」と考えれば、後は猫背はゆるむしかないわけです。

 実技後は普段ゆるまないゆるみ方で肩が軽くなったという感想をいただきました。

 タッチには密着があれば指力はいらないという講座でしたが、そこで受講生の皆さんが気づいたのが母指圧の角度や母指に体重移動することの難しさでした。

 4月20日(水)午前10時から原宿生活の木でも「肩こりをストレッチするタッチ」の講座を行います。

 仰臥位で頭の重さを利用した肩こりの指圧、伏臥位背部調整法、座位の仕上げの指圧、上肢のツボ指圧に牽引のストレッチを加えたアロマオイルトリートメントを行います。

|

« 70代男性、背中から首のこり、後頭部頭痛。 | トップページ | 左大転子上部後側の鎮痛ポイント。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のアロマ指圧講座「肩こりをストレッチするタッチ」、指圧には筋膜リリースの技もあるのです。:

« 70代男性、背中から首のこり、後頭部頭痛。 | トップページ | 左大転子上部後側の鎮痛ポイント。 »