« 転倒後リハビリ中の男性23回目の指圧。 | トップページ | 40代女性、頭痛、吐き気。 »

2016年6月 9日 (木)

80代女性、坐骨神経痛、右肩が上がらない。

69 クモの巣 雨粒

 今朝は小雨でしたが風に乗って斜めに雨が降っていました。蒸し暑くなりそうです。

 昨日は坐骨神経痛と右肩痛の80代女性に指圧をしました。

 右手の薬指と小指が丸まっていてタオルを絞りにくいということがあって、尺骨神経の障害がありそうです。

 整形外科で右頸椎の下に注射を打っているということで、これは第8頸神経と第1胸神経からなる尺骨神経の治療をしているということです。

 椅子から立ち上がる時に、股関節がロックしたようになって足を前に出せないことがあるということですが、坐骨神経痛の治療はしていません。

 指圧をしていくと、右の首の付け根、頸椎下部、肘の先の前腕内側の尺側手根屈筋、小指球にこりと痛みがあります。これは尺骨神経に沿っています。

 特に肘窩尺側の肘部管の部分で尺骨神経が圧迫されているようで、この部分の尺側手根屈筋の指圧で強い痛みがありました。

 それだけではなく、肩屈曲(前方挙上)90°を超えたところで痛みが出るので、肩峰下で棘上筋腱の炎症がありそうです。

 坐骨神経症状は左の殿部から下肢の筋肉の衰えが気になりました。

 全身指圧後、右肩屈曲は130°できるようになりました。

 坐骨神経痛については両手で椅子の背もたれを持って片足立ちをしていただくと良姿勢で1分程度楽にできるので、長時間の座位姿勢をしないようにして下肢の筋力をつけていけば気にしているほどの重症ではなさそうなので症状は改善していきそうです。

 歩き始めや朝起きてすぐは関節がロックされたような血行不良の状態にあるのかもしれませんが、指圧をした午後は股関節を動かしての強い痛みや指圧をして腰や下肢後側の坐骨神経に沿った強い痛みはありませんでした。

 整形外科では肩の治療が終わったら坐骨神経痛を治すには腰の手術もあると言われているようですが、手術をするほどの状態ではないと思います。

 右肩はタオルを絞りにくい小指と薬指に注目して尺骨神経の治療だけになっているので、肩を前から上げていく時の痛みを相談して、整形外科で棘上筋や肩峰下滑液包も診察していただくといいでしょうとアドバイスをさせていただきました。

 立ったまま靴下が履くことができるくらいなので、朝晩1分間の片足立ちを続けていくと坐骨神経症状は改善していくと思います。

 

|

« 転倒後リハビリ中の男性23回目の指圧。 | トップページ | 40代女性、頭痛、吐き気。 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 80代女性、坐骨神経痛、右肩が上がらない。:

« 転倒後リハビリ中の男性23回目の指圧。 | トップページ | 40代女性、頭痛、吐き気。 »